« 『レインレイン・ボウ』 | トップページ | 肉筆浮世絵展 江戸の誘惑 »

2006年10月29日 (日)

『嗤う闇』

乃南アサの『嗤う闇 女刑事音道貴子』(新潮文庫)を読む。隅田川東署へ異動となった音道貴子、相変わらずの男社会の警察の中で苦労しながらも、昔より余裕が出てきた気がする手堅い活躍ぶり。なかなかかっちょいいっす。今回初登場の京大農学部出身ノンキャリ警部補・玉城が大層気に入りましたので、今後彼に超期待。そういえば『鎖』を未だ読んでいない為、音道さんの彼氏のことがやっぱりよくわからず。この人誰?的な。

|

« 『レインレイン・ボウ』 | トップページ | 肉筆浮世絵展 江戸の誘惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/12468168

この記事へのトラックバック一覧です: 『嗤う闇』:

« 『レインレイン・ボウ』 | トップページ | 肉筆浮世絵展 江戸の誘惑 »