« 『嗤う闇』 | トップページ | アルバム『Rojak』 »

2006年10月30日 (月)

肉筆浮世絵展 江戸の誘惑

両国の江戸東京博物館へ、『ボストン美術館所蔵肉筆浮世絵展 江戸の誘惑』を友人カッパと見に行く。裏口付近にものごっつ悪い顔つきの徳川家康像(何故か巨大亀の上に立っている)を発見してひと騒ぎ。チケット売り場の姉ちゃんがめっさ大きなため息を(マイクが入ってるのに)ついてひと騒ぎ。箸が転がっても笑えるお年頃は何でも楽しくて良いことじゃ。

というわけでボストンからやってきた肉筆浮世絵の数々、大層見応えアリ。一枚の絵を何度見ても飽きなくて、会場内を行ったり来たりする。私は豊国さんが好きなんだなーと発見する。欲しい(無理)。あと菱川宗理の描く幸薄そうな印象の女子も良かった。幸薄そうっていうのは結構好きなワードだ...。石燕の百鬼夜行もあって感激。
常設展示のお江戸の町でも超ハイテンション!纏を担ぎ、千両箱を持ち上げ。近江のお兼ばりに力持ちのカッパでも肥桶×2は流石に重そうだった。駕籠にはぜし乗ってみたかったのだが、がきんちょで混んでて断念。子供に駕籠は100年早いのでどきたまえ、と言えない俺様の育ちの良さにダメ出し。

助六&揚巻の微妙~なコーナーで外国人観光客にまじって写真を撮ってみました↓AgemakiSukeroku

同時開催の荒木経惟の写真展で菊之助の写真が一枚だけあり、思いがけない出会いに心臓バクバク。写真だけどな。
江戸東京博物館が出来た頃は、税金食らいのハコものめが、と東京都民でもないのに目の仇にしていたものだが、案外行ったら楽しかったのでここは必要!ってことにした。ミュージアムショップも充実。揃いでミニ十手買う。また来てもいいな、とやや高飛車に思うハマっ子であった。

|

« 『嗤う闇』 | トップページ | アルバム『Rojak』 »

コメント

>揃いでミニ十手買う。
行かれましたか~♪肉筆、いいですよね!!鳳凰なんて、何時間でも(私は)観られます。
印刷(版画)の微妙さとは、見比べる位置が違います。
十手、これはすごいものです。では目印に、揃いで簪にして???noppyさまとは、何時ばったりできるのやら・・・楽しみにしております♪

投稿: 恵美 | 2006年10月30日 (月) 23時54分

ハロー恵美さま
行ってきました~♪んもう心待ちにしてましたよ!
めっさ混んでたけど、本当に良かったー ええもん見せて頂いたわ。
鳳凰、スゴイ迫力でした。ものごっつ鮮やかで。
思えば名古屋には普通にボストン美術館があるんですよねえ。
うーん名古屋恐るべし。

十手、簪もいいっすね!ナイスアイデーア。
わしらは帯の飾りに根付みたいにしてぶらさげようと思ってました。
御用な妙齢の女子二人連れに今後ご注目下さい...
11月も、残念ながらスケジュール合わなさそうですが、まあ先は長いんでいつかきっと!!!

投稿: noppy | 2006年10月31日 (火) 02時06分

コーチのすてきなバッグに十手つけちゃうミスマッチ感。すてき!ステキなの?!間違ってる?俺ら?
帰り道で、おまわりさんをみた時に そっと「御用だ、御用だ!」って十手持ったのが可愛かったよ。
しかし、なぜ今十手なのでしょうね。
非常に、魅惑的な売店でしたね。そういえば、企画展売店ではお買い物しなかったわね。

投稿: かいちょ | 2006年11月 2日 (木) 22時20分

ハローかいちょ
今日は寝坊したので(弁天の余韻に浸りすぎ☆)、
昨日のまんま、十手付きのコーチバッグで会社に行っちゃったよ。
鈴がちゃりちゃり鳴って、台無し感に拍車をかけていたような。
なんとなく、飛ぶ狐の手拍子を思い出したりなんかして...
今度は深川資料館にも行こうぜ!

投稿: noppy | 2006年11月 3日 (金) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肉筆浮世絵展 江戸の誘惑:

« 『嗤う闇』 | トップページ | アルバム『Rojak』 »