« 『死体絵画』 | トップページ | 万之介狂言の会 »

2006年10月11日 (水)

『獅童流 森の石松』

吉田日出子さん目当てに『獅童流 森の石松』を観に演舞場へ。どうでもいいが獅童流っていうのがいらないかも。始まって一週間ほどなのに喉がガラガラの獅童はともかく、脇がとってもゴージャス!ベンガルと角替和枝の東京乾電池ペア、デコさんと笹野のおじさまの自由劇場コンビ、深沢あっちゃんや橋本じゅんなどの芸達者な面々が出てくるとほっとする。安心して芝居が楽しめるので...。特にベンガルの小芝居にはヤラれた。もう石松って何だっけ?くらいに笑う。ある意味舞台あらし。往年の自由劇場グルーピーのわしらにとっては、バクマツとまどかさんの2ショットを彷彿とさせるトランペット笹野&ボーカルデコにむせび泣き。唯一の泣きどころなのな。そんなこんなで脇が見事過ぎ、獅童気の毒。どうでしたか中村屋さん?と客席にいた勘三郎さんに聞いてみたかった。

|

« 『死体絵画』 | トップページ | 万之介狂言の会 »

コメント

ヘローnoppy
往年の自由劇場グルーピーには、感慨深い夜でしたね。
勘三郎さんと、がっちりくむようなお芝居がみたいなあ。
どうでしょうか、中村屋さん?
また、2階の客席から ジェスチャーで聞いてみる?

投稿: かいちょ | 2006年10月11日 (水) 21時26分

ハローかいちょ
昨日はナイスなお席をアリガトウ。
退屈したら(したのか)サトエリ観察が出来るし、とてもよかった。
それにしてもグ活が懐かしい!
もう上海バンスキングを見ることもないんだろうなーと思ったら
ほんとに泣けてきて困りました。
背中さすってください、ベンガル兄さん。

というわけで勘三郎さんと元東京乾電池の小芝居コラボがちょっと見たい。

投稿: noppy | 2006年10月12日 (木) 00時53分

ヘローnoppy
グ活。 ああ、懐かしい。
勘三郎さんと、がっちりくんで欲しいのは デコさんなのですが 小芝居と がっちり組むっていうのもいいねえ。
あっているんだかどうだかわからない感じが。

投稿: かいちょ | 2006年10月12日 (木) 23時55分

ハローかいちょ
柄本さんとばっかり組んでるから、たまにはベンガルでもいいか、
と勘三郎さんが思ってくれたら面白い。
小芝居万歳だよ~
デコさんはあの頃と全然変わらない、可愛いまんまだね!
正に永遠のマドンナ(否・ライクアバージン)

投稿: noppy | 2006年10月13日 (金) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『獅童流 森の石松』:

« 『死体絵画』 | トップページ | 万之介狂言の会 »