« 『λに歯がない』 | トップページ | 秀山祭九月大歌舞伎 »

2006年9月16日 (土)

映画『出口のない海』

本日初日&舞台挨拶付きの映画『出口のない海』を観に行く。海老バカの友人カッパがチケットを取ってくれたもの。映画については、回天という人間魚雷があった事実を知らしめたことだけでも大層意義があったと思われた。どう考えてもおかしいとしか思えない兵器だよ?人間が操縦する魚雷なんて。この発想自体がもう狂っているし、戦争は人を狂わすものなんだとじわじわと思い知らされた。上映後の舞台挨拶は何だかしきりが悪く、企画もつまらず、出演者への質問がスカスカでイラっとした。女子アナ必要なし。伊勢谷のほうがよっぽどうまく仕切るな。海老蔵は案外まともなことを言ってました。ちょっとスーツがおっさんテイストだったけど、かっちょよかったよ。伊勢谷はキャシャーンみたいだった。まあキャシャーンなんだけど。

|

« 『λに歯がない』 | トップページ | 秀山祭九月大歌舞伎 »

コメント

同行してくれてありがとう。
本当。どうかんがえてもおかしいとしか思えない兵器です。
おかしいと思える頭と、言える世に感謝。
ちょっとおカタい、コメントをしてみました。たまにはね。

キャシャーンをみたときには、こんなに伊勢谷くんが気になる時がこようとは思いませんでした。
あの映画の宇多田ヒカルの歌は、映画にしっくりきてましたね。

投稿: かいちょ | 2006年9月17日 (日) 21時42分

ハローかいちょ
連れて行ってくれてアリガトウ。
日曜日は森山未来の回天をテレビで見て、図らずも連日回天。
正しい戦争なんてありません、という最後のメッセージに泣いたわ。
そう言われてみるとキャシャーンの時のウタダ曲は合ってたねえ。
やっぱりキリヤさんと夫婦だから?
じゃ、山達がメガホンをとればまりやの歌でもオッケーなのでは。
短絡的。

投稿: noppy | 2006年9月18日 (月) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『出口のない海』:

« 『λに歯がない』 | トップページ | 秀山祭九月大歌舞伎 »