« 『アラビアの夜の種族 Ⅰ』 | トップページ | 『アルゼンチンババア』 »

2006年8月16日 (水)

『極め道』

直木賞受賞で目出度く復活!長いこと手に入らなかった、三浦しをんの初期妄想エッセイ『極め道』(知恵の森文庫)を読む。うーん満足じゃ。有難う光文社。今回わたくしのお気に入り妄想は、しをんが勝手にプロデュースする究極のアイドルグループ”アイコノクラスト”話につきる。ディテールにまでこだわりを見せた偶像作り計画にうっとりしながら二度、三度読み返す。京大の学食でスカウトした東洋哲学科三年生って...そして文楽研修所で目をつけた太夫候補生って...(妄想だけど)天晴れ!誰のファンになるか悩むところではある。へへへ。

|

« 『アラビアの夜の種族 Ⅰ』 | トップページ | 『アルゼンチンババア』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/11454260

この記事へのトラックバック一覧です: 『極め道』:

« 『アラビアの夜の種族 Ⅰ』 | トップページ | 『アルゼンチンババア』 »