« 『リストランテ・パラディーゾ』 | トップページ | 『それからはスープのことばかり考えて暮らした』 »

2006年8月19日 (土)

『月に吠えろ!』

鯨統一郎の『月に吠えろ! 萩原朔太郎の事件簿』(徳間文庫)を読む。私は鯨統一郎を好きなのだろうか...最近よく買うなあ。正直微妙なんだがなあ。本書は言わずと知れた詩人の萩原朔太郎が探偵役を務める短編集。事件を解決した後、朔太郎がそこからインスピレーションを受けて詩を書いたみたいな設定がこじつけっぽいけれどちょっと面白いかな。大正時代の文化風俗の様子も楽しい。タイトルからもまるわかりのように、有名な刑事ドラマともややシンクロ、山村暮鳥のことを山さんと呼んじゃうあたりも笑える。語り手も著名な文学者です。多分こうゆう細かいところが気になって買ってしまうんだと思うよ、鯨統一郎。

|

« 『リストランテ・パラディーゾ』 | トップページ | 『それからはスープのことばかり考えて暮らした』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/11513636

この記事へのトラックバック一覧です: 『月に吠えろ!』:

« 『リストランテ・パラディーゾ』 | トップページ | 『それからはスープのことばかり考えて暮らした』 »