« 『彼女はたぶん魔法を使う』 | トップページ | 『月館の殺人(上)(下)』 »

2006年8月12日 (土)

若冲と江戸絵画展

夏休みでーす。夕方から上野の東京国立博物館に『プライスコレクション 若冲と江戸絵画展』を観に行く。金曜日は20時まで開館しており、比較的空いている...つうことではあったが激混み。かなりうんざりするも、若冲の前では混雑なんのそのだな。いやー凄かった。すこぶる変な人だ、若冲。褒めてます。とことんリアルなのに、なんだこの現実離れ感は。んもう見ながらしばしば笑っちゃった。笑える展覧会とは良い。しかし有名な、風呂屋のタイル画みたいな(失敬)『鳥獣花木図屏風』は泣けた。吃驚して、圧倒されて。近寄るとあんなに緻密なのに、全体で見ると透明感があってなんだか不思議。見ているうちに有難い気持ちになってくる。最後の方には照明がどんどん変わるコーナーがあって、光の具合によって全く違う表情を見せる屏風がすこぶる面白かった。こんな屏風、家に一個ほすい。入らないけど。
とにかくプライスさん、いい買物しはったな!アンドこれだけ若冲を集めてくれて愛してくれて、なんか有難う...といち日本人として変な感謝をしてしまうのであった。

|

« 『彼女はたぶん魔法を使う』 | トップページ | 『月館の殺人(上)(下)』 »

コメント

>すこぶる変な人だ、若冲。褒めてます。
いいですよね~伊藤若冲。
北斎とこやつには、すご腕とユーモアがあって、
ほんとに笑ってみられる、愉しくなっちゃうところがスキッ♪
名古屋には来年春来ます「プライスコレクション」、首を洗って(笑)待ってま~す♪
>風呂屋のタイル画みたいな(失敬)『鳥獣花木図屏風』は泣けた。
デジタルですよね~あ~早くみた~い!・・・でも、私、待~つわっ♪

投稿: | 2006年8月12日 (土) 11時14分

『鳥獣花木図屏風』は銭湯の元祖ペンキ絵か?と僕も思いました。

投稿: わんさま | 2006年8月12日 (土) 20時25分

『鳥獣花木図屏風』
本物との出会いは、もう驚きよね。
まいった!
TVでみましたが、プライスさんは自宅のお風呂を『鳥獣花木図屏風』特注タイルで再現していましたよ。持ち主ってすごい!若冲にみせてあげたいって思ったわ。

投稿: かいちょ | 2006年8月12日 (土) 23時24分

>ハロー
お名前がなかったのですが、名古屋...という地名から察するに恵美さま!?間違っていたら御免なさい。
うんうん、ほんとにユーモラスでいいっすよねえ。
若冲の他にも見どころ満載!のイイ展示でした。ビバお江戸。
こちらは、京都でやってはる北斎と広重展がこないかなーと
待っていますがどうでしょう。

>ハローわんさま様
様、つけすぎ?でしたらあいすみません。
コメント有難う御座います!
銭湯絵、良かったっすよねえ....
しかし如何せん混んでましたよねえ...
ゆっくり鑑賞できましたか?
もっと空いてる所でじっくり飽きるほど眺めたいなーと思ったのでした。

>ハローかいちょ
とにかく参りました。
親と子のなんとかギャラリーもちゃんと見てきたよ!有難う。
あの体験コーナーは、いかにもかいちょが好きそうだよねー。ふふふ
プライスさんのお風呂、わしもテレビで見た!
早速うちもやりました。(大嘘)

投稿: noppy | 2006年8月13日 (日) 04時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若冲と江戸絵画展:

« 『彼女はたぶん魔法を使う』 | トップページ | 『月館の殺人(上)(下)』 »