« 『星降る森のリトル魔女(1)』 | トップページ | 『ニシノユキヒコの恋と冒険』 »

2006年7月30日 (日)

『QED 六歌仙の暗号』

薬剤師タタルさんの歴史の闇解明シリーズ(?)第二弾、高田崇史の『QED 六歌仙の暗号』(講談社文庫)を読む。”七福神に呪われている”らしい明邦大学での連続怪死事件と、六歌仙&七福神についての謎と、両方解き明かしてしまうタタルさんの相変わらずな頭脳に吃驚どす。平安時代に遡って綿々と語られる膨大なデータに時々話を見失うも、多分これで正解!って感じのタタル説にいちいち納得。六歌仙と言えば在原業平や小野小町、歌舞伎の舞踊でお馴染みの文屋や喜撰などを思い出すが、彼らにはこんな背景があったとは...くわばらくわばら。そういえばタタルさんの苗字は桑原なのな。

|

« 『星降る森のリトル魔女(1)』 | トップページ | 『ニシノユキヒコの恋と冒険』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/11154665

この記事へのトラックバック一覧です: 『QED 六歌仙の暗号』:

« 『星降る森のリトル魔女(1)』 | トップページ | 『ニシノユキヒコの恋と冒険』 »