« 髙島野十郎展 | トップページ | 『ロンド(下)』 »

2006年7月 1日 (土)

『ロンド(上)』

大作の予感...!柄澤齊の『ロンド(上)』(創元推理文庫)を読む。実物を見た人間はわずかしかいないと言う幻の絵画「ロンド」。それを描いた画家・三ッ桐が交通事故で亡くなり、時を同じくして絵画の所在もわからなくなっていたが、美術館学芸員・津牧が企画する三ッ桐の回顧展が近付いたある日、彼の元に未知の画家から個展の案内が届いて....という発端から美術ミステリ好きにはツボ&ツボ&ツボ。ストーリーもさることながら、美術館や画廊の裏側、作家という人種とその思い、キュレーターの心得など美術業界を巡る諸々がとても興味深い。幻の絵画のくだりひとつとってもまるでそこに存在するかのような緻密で詩的な描写が見事で、観てみたい、という焦燥感に駆られる。著者は一体何者?名前も読めないし、と思って著者紹介を見てみると、”現代日本の版画界を代表する一人”とあった。本人、ゲージツ家!なるほど、と納得すると同時に、どうしてこんなミステリが書けるの?とまた新たな疑問が....。底無しの才能なのか。更に期待しつつ下巻へ。

|

« 髙島野十郎展 | トップページ | 『ロンド(下)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/10741310

この記事へのトラックバック一覧です: 『ロンド(上)』:

« 髙島野十郎展 | トップページ | 『ロンド(下)』 »