« 『配達あかずきん』 | トップページ | 『寺暮らし』 »

2006年7月26日 (水)

映画『ダ・ヴィンチ・コード』

洋画のカテゴリーがないのでとりあえずアートのくくりで。映画『ダ・ヴィンチ・コード』をやっと観た。長い!のだがそれでもはしょった感がある。原作はよっぽど長いんだなーと妙なところで納得。色々言われていたけれど、小説をそのまま分かり易く眼に見える形にしてくれたのでわたくしには単純に有難かった。失笑を買ったらしいラストシーンも、ちょっと感動すらしたぞ。知ってたけど吃驚する結末だ。多分わたくしはカンヌ向きではないんだな。

|

« 『配達あかずきん』 | トップページ | 『寺暮らし』 »

コメント

すっかりご無沙汰ってます、すみません!

やれやれです。本も読まず、映画も観ずに済みそうです。
私ってヒネクレーターなのだもの(笑)。なんだか「これ」には近寄れなくってね~。
で、今週末はM:i:Ⅲです。頭ん中にエンドレスでテーマソングが流れてます。

この「コメント」ってタイトル文字の横の「いかり」観て、海神別荘思い出してます。(笑)

投稿: 恵美 | 2006年7月26日 (水) 12時27分

はじめまして、watanabeと申します!
ある能力を持った先生にダ・ヴィンチ・コードについて検証をしてもらいました。
よかったら見て下さい!

投稿: watanabe | 2006年7月26日 (水) 21時14分

爆発アートの塊なのね。太郎先生よね?転がす方じゃぁなく。
ラストシーン、失笑を買ったの?あたくしも、ちょっと感動すらしましたわ。だって、ぴったりなんだもの。画像のよね力。 カンヌになって向いてなくてよくってよ。ねぇー。

投稿: かいちょ | 2006年7月27日 (木) 00時02分

>ハロー恵美さま
すすすすすみません、こちらこそご無沙汰です!
でも恵美さんブログはそりゃもう毎日毎日読ませて頂いとります。
今月は歌舞伎鑑賞をお休みしているので、
ちょっと大人しめなおさるです....
ひょんなところで海神別荘を思い出すお役に立って光栄っす。ふふふ。
ミッション・インポッシブルはヒネクレーター的にはOKなの?
わたくしは洋画ならばパイレーツなんとかが見たいな。(タイトルうろ覚え)
オーランド・ブルーム、案外好きなんで☆てへ。

>ハローwatanabeさん
はじめまして、コメント有難う御座います。
ダ・ヴィンチコードには様々な検証がありますねー
後ほど拝読させて頂きます。

>ハローかいちょ
魂だよ!グループ魂だよ!塊なら転がすよ!
つうわけで昨日はアリガトゥー☆久々に洋画見たね。
六本木ヒルズ以来か?
わたくしは割とロン・ハワードの味方なので、かなり頑張ったと褒めたいデス。
カンヌでは”ため息まじりの失笑”だったそうですがまあいいじゃん、て感じだね。教授の髪型も含めてね。

投稿: noppy | 2006年7月27日 (木) 01時42分

こんばんは!
今週末、友人に誘われて見に行くかものダヴィンチコード。
いまひとつ気が乗らないけどどうなのかなあ。。
「パイレーツ」は先行上映をみちゃいました。(じつは、私もオーランドを「か、かわええ。。」などと時々おもっとります。)
あー、ダヴィンチよりオダジョーの「ゆれる」見たいです。
そして会社の同僚が、オダジョーがギンコで「蟲師」映画化のニュースを教えてくれました。夢かと思いました〜〜。
楽しみすぎるぅ

投稿: ぜぶら | 2006年7月27日 (木) 23時41分

ハローぜぶらさん
いまひとつ気がのらない...くらいで行った方が良いと思いますよん。
わたくしは金持ちの家の執事みたいな若造が結構好みでした。見てね。
いいなーパイレーツ!もう観たのですかー
オーリー(っつうの?)かわええよね。
ロードオブザリングもエルフの彼しか見てなかったよ...
そうそう、蟲師も超楽しみ!いいっすねえ。
リリーくんの映画版『東京タワー』もね!うはうは。

投稿: noppy | 2006年7月28日 (金) 02時35分

>ミッション・インポッシブルはヒネクレーター的にはOKなの?
なにがそそられないって、主役がイケメンじゃないってことが大きいのです。いや、致命傷です。
モナリザの引き立て役じゃぁ~ね~(笑)。
MiⅢもパイレーツも、めちゃめちゃOK!っすよ。映画はこうでなくっちゃ~。

>オーランド・ブルーム、案外好きなんで☆てへ。
案外・・・ですか?私はとっても大好きですよ~♪
ジョニー・ディップのことを、おすぎさんだかピーコさんだかが、
「へたな歌舞伎役者」と表現されておいででした。ウケちゃいました♪
エルフから、随分と大人になったオーリー?が楽しみです。

投稿: 恵美 | 2006年7月28日 (金) 11時05分

ハロー恵美さま
むむむ、なるほど!致命傷ですか。あはは。
私は何故かオーリーをアメリカ人だと思い込んでいて、英国贔屓としてはオーリー好きを大々的には言えないな...と思っていたのですが、彼ったら英国人じゃんね。
だったら”案外”は撤回だ!”大好き”で。(なんだそれは)
「へたな歌舞伎役者」って褒め言葉かしら。
わしがジョニー・ディップなら、へたでも歌舞伎役者って言われたらちょっと嬉しい...て思うのは間違っているのだろうか。

投稿: noppy | 2006年7月29日 (土) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ダ・ヴィンチ・コード』:

« 『配達あかずきん』 | トップページ | 『寺暮らし』 »