« 『タイムスリップ明治維新』 | トップページ | 『配達あかずきん』 »

2006年7月23日 (日)

『FINE DAYS』

この人の小説って村上春樹っぽい、と読む度に思ってしまって、かような感想は作者に対しては失礼なのかもしれないけれど、でも文庫になると絶対直ぐに買うからやっぱりこの人の小説が好きなんじゃん私、と今では確信している。好きならハードカバーで買えよって話もあるがまあそこは目を瞑って、とかなんとか前置きが長いあるね。そんな本多孝好の『FINE DAYS』(祥伝社文庫)を読む。著者初の恋愛小説集...らしいが、そこは本多孝好なので全然一筋縄ではいかないっす。ちょっとホラーっぽいもの、SF的な味付けのもの、御伽噺めいたものもあり、先の展開にどきどきする。ついつい先のことを考えてしまうのはすれたミステリ読みの悲しい性だが、ただストーリーに身をゆだねて本多孝好世界を楽しめばそれで良いな、と珍しく思う。

|

« 『タイムスリップ明治維新』 | トップページ | 『配達あかずきん』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/11063690

この記事へのトラックバック一覧です: 『FINE DAYS』:

« 『タイムスリップ明治維新』 | トップページ | 『配達あかずきん』 »