« 六月大歌舞伎 | トップページ | 『ハガーマガーを守れ』 »

2006年6月19日 (月)

『太陽の塔』

気になる京大出作家その弐・森見登美彦の『太陽の塔』(新潮文庫)を読む。日本ファンタジーノベル大賞受賞作だと言うが、むさくるしい京大生男子たちの冴えなくも誇り高い?生活を描く本書の、何を以ってファンタジーなのか。妄想の力か。主人公の偏差値の高そうな言い回しに好き嫌いが分かれるかもしれないが、わたくしにはハマった(おいらの偏差値が高いっつうわけでは決してない)。小ムツカシイ事を並べ理屈をこね常に自信満々でありつつも、実は情けない自分を情けないとうっすら自覚し、それでも理詰めで己を鼓舞する男子たちが、読んでいるうちにいとおしくなってくる。そこがファンタジー?...なのかしら。

|

« 六月大歌舞伎 | トップページ | 『ハガーマガーを守れ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/10588429

この記事へのトラックバック一覧です: 『太陽の塔』:

« 六月大歌舞伎 | トップページ | 『ハガーマガーを守れ』 »