« ROUROU秋冬コレクション | トップページ | 髙島野十郎展 »

2006年6月27日 (火)

『お縫い子テルミー』

密かに注目の作家・栗田有起の『お縫い子テルミー』(集英社文庫)を読む。文庫化で、セキユリヲの装丁もすこぶる可愛い。流しのお縫い子として生きるテルミーの、恋と自由な魂。だいたい”流しのお縫い子”って何...。その設定からして人をくっているが、まあそれもアリかなっていう気分になってくるから不思議だ。ぐいぐい引き込まれて読むうちに、スペシャルな布の手触りや美しく続く縫い目がすぐそこにあるかのように感じられ、耐え難いまでに狂おしい恋の痛みなんかもせっぱつまって伝わってくる。お縫い子テルミー、気に入ったぜ。

|

« ROUROU秋冬コレクション | トップページ | 髙島野十郎展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/10704166

この記事へのトラックバック一覧です: 『お縫い子テルミー』:

« ROUROU秋冬コレクション | トップページ | 髙島野十郎展 »