« 映画『嫌われ松子の一生』 | トップページ | 映画『花よりもなほ』 »

2006年6月23日 (金)

『青鳥』

ヒキタクニオの『青鳥(チンニャオ)』(光文社文庫)を読む。台湾から日本へやってきたガッツ溢れる娘・小葳(シャオウェイ)が、外資系企業で多様な人種・多様な文化にもまれながらも日々頑張って仕事をする、みたいな話。ヒキタクニオの書く、働く女子話は結構好き。広告代理店だからか外資系だからか、なかなかアクの強い、しかして魅力的な人物が多いところがわたくしには新鮮。特にコスプレ?が趣味の統括部長は、部長史上最高にインパクト有りの人!こんな上司についていきたい...ような気もする。小葳はいささか気が強すぎて可愛くない時もあるが、食欲旺盛なところがとても好いたらしい。彼女がお昼に食べている丼ものは果てしなく食欲をそそるぞ。

|

« 映画『嫌われ松子の一生』 | トップページ | 映画『花よりもなほ』 »

コメント

ゴーで行こうよ!
が頭から離れないの~。
なので職場でもちょっと使用中。
もちろんセンセ(仮名)にも貸したのですが、全否定。
小葳がお気に入りのようですわ。
あのお昼ご飯、食わせろ~!と私も思いました。

投稿: らぶはんたー(あばずれ) | 2006年6月24日 (土) 21時48分

ハローらぶはんたーさん
ユー、ゴーで行っちゃいなよ!←これはジャニーさん
小葳がお気に入りとか言ってるからゴーで寄り切られちゃうんだよ、センセは。とか少し思いました。ははは
台湾料理もイイね。ちょっと違うけどまたパンダレストランに行くか!

投稿: noppy | 2006年6月25日 (日) 04時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/10638835

この記事へのトラックバック一覧です: 『青鳥』:

» 青鳥(チンニャオ) [酒と薔薇と活字の日々]
自分が子供の頃と比べて、外国人の方々が増えたなぁ、 とたまに思うことがあります。 街中で外国人の人とすれ違わない日ってないものね。 日本も徐々に多国籍化しつつあるってことでしょうか? 日本の未来が楽しみな部分... [続きを読む]

受信: 2006年7月 1日 (土) 00時51分

« 映画『嫌われ松子の一生』 | トップページ | 映画『花よりもなほ』 »