« 海外巡業・行ってきマンキー | トップページ | 『気になる部分』 »

2006年6月12日 (月)

海外巡業・ただいマンキー

久々に己の中のパンクス&フーリガンの血が騒いだ(ウソだけど)ロンドン巡業から帰国しました。ロンドンは四度目であったが、やっぱり英国好きだな!ってことを思い出したわたくしである。ものごっつお洒落なものとかすこぶる美味しいものとかはなくても、トラディショナルでデストロイな、パイレーツでジェントルマンな、ヒュー・グラントでポール・ウエラーな(よくわからん)、そんな英国をなんだか愛してやまず。

Theater←歌舞伎の公演をやっているサドラーズ・ウェルズ劇場の外観。内部の印象としてはシアター・コクーンな感じ?
海外で観る歌舞伎もなかなかいいもんだよ、というカブキチの友人・カッパの一言で行く決心をした今回の道楽、その言葉通りの感激を味わえた。カッパよ、貴女の道楽女王ぶりは私の人生を更に楽しくしてくれますわ。本当にアリガトウ。
我々が行った三日間はいつもすごおおおく盛り上がっていて、でっかい藤娘が名実ともにでっかく見えた。おおビューテホー。かさねは初めて観た演目だったのだが、怖さに吃驚!そして海老蔵は女子でいるよりもこーゆう悪い二枚目が断然イイな!とうっかり好きになりそうな自分に喝...。亀治郎さんの妙に慣れた風のカーテンコールもはじけていて可愛かったし、それとは逆にちょっとシャイな海老蔵もなんだか新鮮であった。拍手の嵐の中で感極まったわしらは、歌舞伎に関わる全ての人たちを誇りに思いました。

劇場前や地下鉄の通路なんかに貼ってあった海老蔵のポスター。→Poster
藤娘とかさねとは全く関係ナシな写真だけど、ステキだからまあいいか的な。外国人の観客の皆さんは、やっぱり大向こうさんの掛け声に驚いていたみたい。成田屋!の声に何何何?何があったん?みたいにわさわさしてたもの。あと、何故か升一さんがいると思い込んでいたが案外升平さんだった。二人ともステキ☆でした。関係ないけどロンドンの街で普通に歩いている延寿太夫さんを見かけたのがすこぶる嬉しかった。どこにいてもダンディっす。

しかしなー、社会復帰できる気が全くしないぞ。どうするよ、おさる?

|

« 海外巡業・行ってきマンキー | トップページ | 『気になる部分』 »

コメント

おかえりなさ~い。
無事帰ってきてくださってうれしいわ☆
掛け声に驚くイギリス人がちょっとかわゆく感じました。

社会復帰ねぇ…しなくてヨシじゃだめなのか?

投稿: らぶはんたー(あばずれ) | 2006年6月12日 (月) 18時28分

>noppyさま
おかえりなさいませ。ご無事の帰還,まず,おめでとうございます。
>拍手の嵐の中で感極まったわしらは、歌舞伎に関わる全ての人たちを誇りに思いました。
ええことゆうたはります。一度言ってみたい台詞です。
>亀治郎さんの妙に慣れた風のカーテンコール
>シャイな海老蔵
新鮮です。見たいです。

カッパさんとの道中記楽しみにしています。
仏像にもご興味があられたのでしたら,さぞ,教会めぐりは盛り上がったことでしょう。

投稿: とみ | 2006年6月12日 (月) 19時46分

こんばんはー&おかえりなさーい。
NOPPYさんとかいちょさんは3回も観劇されたんでごわすか。すごい~。わっちらは1回こっきりでした。んが、楽しかったですね~。
亀治郎さん、たしかにみょーに落ち着いて挨拶されてました。お2人ともカーテンコールに感動されてるようで見ているこちらもうれしくなりました。
NOPPYさんもこれで海外巡業解禁!今度もし菊が行くときはもちろんついて行かれますね!?実は一昨年のパリ巡業も海老キチに連れられて行ったうさ吉です。しかしほんとにあるとしたらちょっと期間を空けて欲しいなぁ。その間に資金調達をしなければっ。
女王陛下のお気に入りグッズの紹介も楽しみにしてます~。

投稿: うさ吉 | 2006年6月12日 (月) 23時35分

ハローらぶはんたーさん
ただいまー&早速コメントアリガトウー
大向こうさんの掛け声、あれは何?って外国の人に聞かれたら
どうしようと思ってたけど、誰にも聞かれなかったのでちょっとほっとしたおさるです。
しっかしほとんど英語がわからなくなってました。
イギリス英語だから....とかそんなんじゃなくてね!
ロンドンは物価が高かったので、さほど買物していないにも関わらず
すっからかんであります。そりゃもう気持ち良いほどに...
社会復帰しないと借金返済できないよう。ううう

投稿: のっぴ | 2006年6月13日 (火) 00時05分

ハローとみさま
早速にアリガトウございます!
亀治郎さんは、花道まで進んでほどけている帯を上に向かって投げる感じの(わかりますか....)、そして手を胸に当てて深く膝を折る感じの(更にわかりますか....)、実にステキなカーテンコールぶりでありました。
んで海老蔵の方は感激しながらも、ちょっとカーテンコールは慣れてないんだよなあ的な含み笑いが面白かったです。
今回、そういえば教会は行ってなかったなあ。
教会の内部に入るのはかなりお高いのでした。貧乏。
ただ、『ダ・ヴィンチコード』にも確か出てきた、テンプル教会だけは行けば良かったね、と後からカッパと反省しました。
カッパはたーくさん写真を撮ってくれたので、多分そちらの方で色々ご覧頂けると思いマス!(とふってみた)

投稿: のっぴ | 2006年6月13日 (火) 00時12分

ハローうさ吉さん
早速アリガトウ御座います~
うさ吉さんの撮られた写真、綺麗ですね!素晴らしい。
野田秀樹は、21日からSohoの劇場で始まる舞台の為に訪欧されていたと亀治郎日記に書いてありました。
野田と一緒なんて羨ましい!(結構好き。呼び捨ててるけど)
パリ公演は、今思えば行けば良かったなーと少し後悔してます。
でもパリがちょっと苦手なので...仏文科なのに(だから?)。
実はねー、かいちょはその公演、行ってますよ。カミングアウト。
ほんとに会ってたかもしれませんねえ。
では私も資金調達、というか今回の借金返済の為に頑張って働きます!と一応書いてみました。

投稿: のっぴ | 2006年6月13日 (火) 00時19分

お帰りなさい!
>亀治郎さんの妙に慣れた風のカーテンコール
海外公演こそ初めての亀さんですが、
海外での演劇は随分ご覧になってますからね~(今回もかなり)。

なんだか想像するだけで微笑ましい♪海老さん亀さんコンビですね。
「のっぴー&かっぱー」にはマケてそうですが(笑)。

投稿: 恵美 | 2006年6月13日 (火) 16時44分

ハロー恵美さま
戻りました~。早速コメントアリガトウ御座います。
そうそう!亀治郎のカーテンコールにミュージカルの影を見ました...
わしら、ミュージカルにはそんなに興味もないのに、
ライオンキングをやってる劇場をなんとなく見に行ってしまいましたよ。
恐るべし亀治郎効果...
海老亀コンビがかなり良かったので、菊ピンチ!と少し心配になりました。
カッパとおさるは相変わらずの能天気なひょうろく玉でしたよ。てへ。

投稿: noppy | 2006年6月13日 (火) 23時59分

遅ればせながら無事のご帰還&歌舞伎も堪能したようで、なによりでござった。って、ござったは歌舞伎言葉になる・・?(笑

ところでカッパさまに海老さまに亀さまにおさるさんと、なにやら桃太郎も彷彿とさせる布陣が並ぶこちらは、私には何がなにやら分からんです。あはは~うっ、トホホかあ・・・・
なにはともあれ、おかえりなさいませ~。☆

投稿: こはく | 2006年6月14日 (水) 21時13分

ハローこはくさん
コメントアリガトウございます~
ござった、はどっちかというと時代劇??
言われて気付いた生き物大集合....でありました。
海老と亀は歌舞伎役者です、念のため!
随分本を読んでないので、かなり本がたまってますわ。
どこから手をつけて良いものやら...途方にくれながらも、うはうはしています。
旅もいいけど、家もいいっすね!
ではまた読書トークを致しましょう。

投稿: noppy | 2006年6月15日 (木) 00時08分

能天気なひょうろく玉 その壱です。
「禁断」の海外巡業、おつかれさま。すっからかんになっても悔いなしってほど楽しかったね。実際、すっからかんです。

投稿: かいちょ | 2006年6月19日 (月) 00時01分

ハローひょうろく玉
モンナシーヌに怖いものナシを続行中です。
ほんとに色々御世話になり申した。
また行きたいな。今度はW杯に行きますか(大嘘)。
W杯を現地に見に行く日本人をテレビで見ながら
「よく行くよね」って言ってたら、マンキー弟に
「海老蔵!(チャチャチャ)海老蔵!(チャチャチャ)」とやられて唸りました。

投稿: noppy | 2006年6月19日 (月) 02時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外巡業・ただいマンキー:

» ロンドンで藤娘に会う [うさ吉のきままダイアリー]
           海老キチぷよ子に連れられてロンドンに到着した翌日、ソワレを観てきました。 この日はまだ公演が始まって間もない日だったが客席はほぼ満席。外国人と日本人の割合は7:3くらいかな。始まる前にロビーでお茶してたが開演を待っているみんながわく... [続きを読む]

受信: 2006年6月12日 (月) 23時07分

« 海外巡業・行ってきマンキー | トップページ | 『気になる部分』 »