« 脳内キャスト | トップページ | 『イッツ・オンリー・トーク』 »

2006年5月10日 (水)

『QED 百人一首の呪』

先月の活字ジャンキーの集いで薦められた、高田崇史の『QED 百人一首の呪』(講談社文庫)をやっと読んだ。百人一首コレクターの大金持ちが、一枚の札を握り締めて殺されていた...っつう殺人事件と同時に、百人一首そのものに藤原定家が仕掛けた壮大な謎を解いてしまう探偵役・桑原崇(職業は薬剤師)!すげえよあんた。途中歴史的事実の説明がややだれるところもあるが、パズルの破片が次々とはまっていく様はかなりエキサイティング。美しくすらある仕上がりに恍惚。やっぱりこーゆうの、好きでした。ジャンキー仲間よ、君たちの見立ては正しい。

|

« 脳内キャスト | トップページ | 『イッツ・オンリー・トーク』 »

コメント

ジャンキー仲間で~す♪正しかったのね。よかったよ~。百人一首のパズルは広げてみましたか?私は一度開けただけでこあくて見てません。破れそうで(笑)桑原崇はNoppyさんのツボ系キャラだと思うのだがどうだろう?

投稿: らぶはんたー(あばずれ) | 2006年5月11日 (木) 07時55分

お察しの通り、タタルさんはツボでした。
あのぶっきらぼうさがたまらん。
メガネ男子ではなかった気がするが、白衣なのでここで二割増し。
あと髪の毛ぼさぼさにも弱い。
あったまのいい奴の隙がぼさぼさにアリ、って感じで。
奈々ちゃんだかと中途半端にくっつかないでほすいと切に願います。
二人してお薦めしてくれてアリガトゥー☆
続きも読むぞ!でも確かにすみれだのギャングだの(ついでにGシリーズも...)で忙しいぞ!

投稿: のっぴ | 2006年5月11日 (木) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/10007815

この記事へのトラックバック一覧です: 『QED 百人一首の呪』:

« 脳内キャスト | トップページ | 『イッツ・オンリー・トーク』 »