« 團菊祭 夜の部再び | トップページ | 『ロケット★ボーイ』 »

2006年5月27日 (土)

『エル・ドラド(下)』

服部真澄の『エル・ドラド(下)』(新潮文庫)を読む。後半ちょっともたついた感じでなかなか進まなかったけれど、フィクションとは思えぬ展開に背筋が寒くなる。遺伝子を操作することによって生まれる利便性と、その行為に伴う何か取り返しのつかない領域に踏み込む的な畏れとの葛藤がひしひしと伝わってくる。うーむGMOあなどれなし。引き続き注目したい分野であります。なんつって、何も関心なかったサルをもかように思わせる小説であったよ。

|

« 團菊祭 夜の部再び | トップページ | 『ロケット★ボーイ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/10256456

この記事へのトラックバック一覧です: 『エル・ドラド(下)』:

« 團菊祭 夜の部再び | トップページ | 『ロケット★ボーイ』 »