« 『かまわぬの 手ぬぐい使い方手帖』 | トップページ | てぬぐいトート »

2006年5月19日 (金)

『陽気なギャングの日常と襲撃』

伊坂幸太郎の『陽気なギャングの日常と襲撃』(祥伝社)を読む。おもおもおもしろいっす!あーもう読み終わってしまうのが辛い!ギャングな彼らとお別れするのが辛い!ってくらいに大好き。一冊目の『陽気なギャングが地球を回す』の映画版が現在公開中で、こちらもすこぶる観たい。キャスティングは概ねいい感じがするが(観てないんだけど想像で)、久遠くんだけがややイメージ違う気が。もう少し軽めで生意気、且つカワイイイ若者が欲しいな...松田優作次男では重いのでは(ほんと観てないから想像なんだけど)。何を読んでもストーリーがとっても練られていて、読者をひと時も飽きさせないっつう凄腕の伊坂幸太郎であるが、会話のセンスがとても良いところが私は好き。あまり使わないような言い回しとか、諺多用とか、とっぴな発想とか、とにかく新鮮。更に更に、続きが読みたいよん。

|

« 『かまわぬの 手ぬぐい使い方手帖』 | トップページ | てぬぐいトート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/10142096

この記事へのトラックバック一覧です: 『陽気なギャングの日常と襲撃』:

» 陽気なギャングの日常と襲撃 [酒と薔薇と活字の日々]
文庫になるまで待つか、 新書だけど買うか、 悩んでいたところに持っている人が身近に現れたので とりあえず借りてしまったのです。 結局買うくせに一刻も早く読みたくなってしまったのです。 今回もbセンセ/b(仮名)よりお借りしました。 いつもながらありがとうございます☆ というわけで今回はb伊坂幸太郎/bさんの  font size=5陽気なギャンクの日常と襲撃/font(祥伝..... [続きを読む]

受信: 2006年6月14日 (水) 14時13分

« 『かまわぬの 手ぬぐい使い方手帖』 | トップページ | てぬぐいトート »