« 『εに誓って』 | トップページ | 『かまわぬの 手ぬぐい使い方手帖』 »

2006年5月16日 (火)

『グラン・ギニョール城』

芦辺拓の『グラン・ギニョール城』(創元推理文庫)を読む。芦辺拓は読んだ事がなかったが、会社に電話をしてきた玩具人形なんたらというお客様の名前をグラン・ギニョールと聞き間違えたことのあるわたくしであるに故、タイトルに惹かれて買ってみた。未完の探偵小説『グラン・ギニョール城』と、弁護士・森江春策の現実が交錯していく、なんだか目眩がしてくるような凝ったストーリー。古城、嵐、美女、謎の中国人等々、ザ・本格!って感じの舞台設定が久々に心地よいです。しかし本格って、往々にしてトリックが飲み込めないことが多い。おさるにはややムツカシイあるね。それが理解できないと本格を堪能する意味があんましないのかな...まあ雰囲気を楽しむだけでもオッケーとしてくれ。

|

« 『εに誓って』 | トップページ | 『かまわぬの 手ぬぐい使い方手帖』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/10102447

この記事へのトラックバック一覧です: 『グラン・ギニョール城』:

« 『εに誓って』 | トップページ | 『かまわぬの 手ぬぐい使い方手帖』 »