« 牡丹と菊 | トップページ | 團菊祭 五月大歌舞伎 夜の部 »

2006年5月 1日 (月)

『鴨川ホルモー』

東大出にはさほど感銘を受けないが、京大出には無条件で食いついてしまう。京大出というだけで辰巳琢郎にすら(失敬)つい一目置いてしまうありさまだ。京大だーいすき。というわけで、圧倒的なインパクトのタイトル&著者が京大出っつう二点のみで買ってみた万城目学の『鴨川ホルモー』(産業編集センター)を読む。結果、この二点買いは大成功。主人公の京大一回生・安倍は葵祭の帰りに勧誘されて”京大青竜会”という怪しげなサークルについ入ってしまい、”ホルモー”に出会うことになる。ホルモーとは何ぞや??その実態が徐々に明かされていくのが、意外にエキサイティング!そしてかなりバカバカしい!しかし神や鬼が普通にいるに違いない京都という土地ならではの、かような存在に対する真摯な態度が好ましい。ホルモーを通して安倍たちサークルの面々がどう変わっていくのか、っつう案外バリバリの青春小説にもなっている。京都・異界・京大生と、私の好きなものが見事に揃ったスバラしき一冊!三池監督あたりで実写されたらすっごく面白いかも。

|

« 牡丹と菊 | トップページ | 團菊祭 五月大歌舞伎 夜の部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/9839175

この記事へのトラックバック一覧です: 『鴨川ホルモー』:

» 鴨川ホルモー [LUFT SCHLOSS]
私が大学時代所属していたサークルSilly Foxの先輩が、第4回ボイルドエッグズ新人賞を受賞して作家デビュー! 「鴨川ホルモー」 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4916199820/ref=ase_novelnoblog-22/250-8840170-9044201 http://www.boiledeggs.com/belaward/winnerinfo2.html > このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと... [続きを読む]

受信: 2006年5月 6日 (土) 14時27分

» 鴨川ホルモー<万城目学>−(本:2007年37冊目)− [デコ親父はいつも減量中]
産業編集センター (2006/04) ISBN-10: 4916199820 評価:87点 第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。 っていうかあ、ボイルドエッグズって知らんけど。 ネットで調べた限りでは、日本初の作家エージェントらしい。 詳しくはご自分で検索してくださいませ。 な....... [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 20時48分

« 牡丹と菊 | トップページ | 團菊祭 五月大歌舞伎 夜の部 »