« 『ささら さや』 | トップページ | 『QED 百人一首の呪』 »

2006年5月 8日 (月)

脳内キャスト

ゴールデンウィークが終わって風邪っぴき、というのはたるんでいる人の見本みたいだな。実際たるんでおりますが。風邪をおして下山、やっと雑誌『ダ・ヴィンチ』を買って帰る。恩田陸が自作の演劇ロマン長編『チョコレートコスモス』について語っており、主要な登場人物の作者自身の”脳内キャスト”が、思っていた人と何人か一致してちょっと嬉しくなる。当った!的な。続編を書く予定があるとのことで、んもうすこぶる楽しみー。伊坂幸太郎の陽気なギャングも続編が出るというのでこっちも楽しみー。新刊チェックなどしてしばしほくほく。しかし明日から仕事じゃ。いやじゃのう。爺モードで憂いてみた。

|

« 『ささら さや』 | トップページ | 『QED 百人一首の呪』 »

コメント

働け働け。この世に道楽がある限り働くのじゃ。働かざるもの観るべからず。
ウソウソ。ほどほどに。お体大切に。

”脳内キャスト”って、妄想より高尚な作業だね。

投稿: かいちょ | 2006年5月 9日 (火) 00時08分

ハローかいちょ
げほげほ、この爺をまだ働かすのかのう。
むごいことじゃ。
そんな爺プレイはさておき、
「チョコレートコスモス」の脳内キャストをかいちょもひとつ考えてみたまえ。
高尚...かどうかはわかりませんが、なかなか楽しいよん。
常にいろんなキャスティングを考えているのっぴPであった。

投稿: のっぴ | 2006年5月 9日 (火) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳内キャスト:

« 『ささら さや』 | トップページ | 『QED 百人一首の呪』 »