« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

映画『陽気なギャングが地球を回す』

映画『陽気なギャングが地球を回す』を観に行った。伊坂幸太郎の原作とは多少違う所もあるが、とにかく楽しく観られて良かったー!苦笑されない程度のスタイリッシュな感じが好ましい、かっちょいいギャング映画であったよ。横浜が舞台なのもイイね。4人のギャングそれぞれの持ち味というか得意技?の設定が、ありがちなラインから少しずつズレているのが面白い。例えば演説が得意の響野(佐藤浩市)なんて、銀行強盗するのにどう役立つんだ?と思うけれどこれがちゃんと役に立っている上手さよ。まあ原作が素晴らしいのですがね。結果、主要キャストも良い按配にハマっており(含・松田翔太)、特に大沢たかおなんてばシャツをインにした腹がやや気になるも、相当好きになりそうさ。『オンリーユー愛されて』を今こそ見たい。ピンポイントで投入される松尾ちゃんもグッジョブ!更に嶋田久作!今すぐ中田は横浜市長を彼と代わりたまえ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

『七緒 vol.6』

夏はキライだけどゆかたが着られるので最近は若干わくわくするおさるです。『七緒 vol.6』(プレジデント社)はゆかたの特集!で、久々購入。友人の会社近所の書店では何故かオリジナル特典がついていると聞き、お願いしてわざわざ買ってきてもらう。いい奴...。今回は手ぬぐいで、うす桃色の水玉がカワイイっす。ゆかた大好き!だけど、まだちょっと半襟をつける・つけないとか足袋をはく・はかないとかの匙加減がよく飲み込めないな。今年は結構髪の毛も中途半端な長さだし、どう格好をつけるかも難問。でも楽しい。何回かゆかたで飲みに行きたいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

『女王陛下のお気に入り』

入江敦彦の『女王陛下のお気に入り』(WAVE出版)を読む。『京都人だけが食べている』などの京都モノでお馴染みの京都出身の著者であるが、多分現在イギリス在住なので英国モノ著作も多い。どっちの都市も愛するトラディショナルなわたくし故、かなりツボ。本書は英国王室御用達の品々を写真入りで紹介している、ざっと眺めるだけで楽しい一冊。スーパーなどで割と簡単に入手できるものばかりで、おおこんな日用雑貨にまで誰ぞの紋章が...と感激してしまう。日本も宮内庁御用達(今は使っちゃいかんのだったか?)には菊の御紋をつけたいものだな。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

『ロケット★ボーイ』

宮藤官九郎の『ロケット★ボーイ』(角川文庫)を読む。織田裕二のせいでぐだぐだになってしまった連ドラ、ってことが余りに強烈な印象でドラマそのものはあんまり記憶にないんだけど、読んでみるとそんなぐだぐだをみじんも感じさせない完成度であった。案外ダークホース的な名作だったじゃん...。改めてスゴイわクドカン。旅行代理店に勤めながら未だ宇宙飛行士を夢見る小林(織田)、広告代理店勤務の俺様男・田中(染五郎)、食品メーカーの営業マンの鈴木(ユースケサンタマリア)。ひょんなことから出会った31歳男子三人が成り行きでビールを飲んだりそれぞれの抱える事情に首をつっこんだりする物語。三人三様の”オレの人生”探しや、なんとなく芽生えたわりには結構確実に育っている友情、家族との関わり合いなど、じわーっとくる良さ加減。このドラマは是非もう一回見たいな。だって鈴木の彼女の父親が岩松了なんだよ!!嗚呼見たい。見せてください。岩松了のためならフジテレビにアタマを下げる覚悟もあるぞ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

『エル・ドラド(下)』

服部真澄の『エル・ドラド(下)』(新潮文庫)を読む。後半ちょっともたついた感じでなかなか進まなかったけれど、フィクションとは思えぬ展開に背筋が寒くなる。遺伝子を操作することによって生まれる利便性と、その行為に伴う何か取り返しのつかない領域に踏み込む的な畏れとの葛藤がひしひしと伝わってくる。うーむGMOあなどれなし。引き続き注目したい分野であります。なんつって、何も関心なかったサルをもかように思わせる小説であったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

團菊祭 夜の部再び

色んな意味で素晴らしかった團菊祭も明日で千穐楽。一抹の寂しさを胸に、再び夜の部観劇へ赴く。今日は一等、二列目の真中で、やっぱり前っていいわー!と一万五千円の価値を菊との距離で再確認。保名も藤娘も近い近い。藤娘、さらにでっかい。でも男らしさがかなり消えていて、横顔なんて可憐ですらあった。保名も案外悲しそうであったし、一ヶ月やり続けてのこの成長って素人目にもわかる程に著しく、全くたいしたものだなあと普通に感心する。黒手組の立ち回りも、至近距離だと一人一人がはっきり見えてすこぶる楽しいぞ。うひゃひゃ。そんなオールオッケーな締めでグッバイ團菊祭。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年5月23日 (火)

『エル・ドラド(上)』

服部真澄の『エル・ドラド(上)』(新潮文庫)を読む。服部真澄はハードカバーで買っていた程に、一時期凝っていた作家であります。結構手に汗握るエンタテインメントなんす。最近追いついてなくて久々に文庫新刊を読んでみたが全く衰えナシ。世界の”現在”をスルどく描く服部小説の今回のテーマはGMO(遺伝子組み換え作物)、今まであんまし関心なかった分野だけど案外商売になるんだなあ。リスクと欲とマネーの匂いがいろいろします。アグリビジネスの陰謀を暴く本を執筆予定だった天才ジャーナリストが失踪し、翻訳家の蓮尾がその謎を追って飛んだ先は..黄金郷なのか!?.っつうわけで下巻へ続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

『ZOO 1』を断念する

乙一の『ZOO 1』(集英社文庫)を途中でやめる。北上次郎の”何なんだこれは。”という帯がついていたのだが、誠に何なんだ、と言ったところです。独特な世界を持つ、よく出来た短編集だと思うけれど如何せん変な気持ち悪さとか怖さがあって、これ以上読むのがしんどい。それくらいの毒がある小説も珍しいから貴重なのだろうな。でもほんとわしには無理。すまん乙一...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

團菊祭 五月大歌舞伎 昼の部

朝から京急にてんこもりの防衛大生にうはうはで幸先いいなと思いつつ、カブキチの友人カッパとともに團菊祭昼の部へ。今日は一等席!嬉しい!結果的にほとんど寝るところナシ(←一番の褒め言葉)の昼の部は、まず『江戸の夕映え』。私には大好物の幕末もので、長い時間も全く気にならず終始のめり込みで時折泣く。終わっていく武士の時代にどう折り合いをつけるのかとかそれでも持ちつづける侍の矜持とか、ベタだがほんとにええ話でな。元・三之助たちの活きの良い輝くばかりのお姿にうっとりすると同時に、所々に配置されたいぶし銀のような”江戸の男”(菊十郎さん、権一等々)が誠にイカす。團さまの復活で沸く『外郎売』はゴージャス感でおなか一杯。おさるビジョンは右之助&家橘の女子二人をついついマーキングしているのだが。『権三と助十』は團蔵さんの”古典の女中”的なねちねちさ加減にうっとり。嗚呼蹴ってたも。
Gassai_1

写真は歌舞伎座で売っていた高虎の合切袋。
カッパはかまわぬ、おさるは斧琴菊をそれぞれ購入。
二人合わせて團菊祭でい。
とにかくバカか、って程に散財した一日であった。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年5月19日 (金)

てぬぐいトート

Tenugui_bag
ヒマだったので早速作ってみた。手ぬぐいを四つ折にする為に案外厚みが出てしまい、わたくしの技術ではミシンをかけられませんでした。何故じゃ。太い針に代えれば良いのか。結局手縫いだよ...縫い目が汚いよ。写真ではよくわからないが柄は”あばれのっぴ”、もとい”あばれのし”である。
おさるを入れてみると楽しい気分に...なりますかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『陽気なギャングの日常と襲撃』

伊坂幸太郎の『陽気なギャングの日常と襲撃』(祥伝社)を読む。おもおもおもしろいっす!あーもう読み終わってしまうのが辛い!ギャングな彼らとお別れするのが辛い!ってくらいに大好き。一冊目の『陽気なギャングが地球を回す』の映画版が現在公開中で、こちらもすこぶる観たい。キャスティングは概ねいい感じがするが(観てないんだけど想像で)、久遠くんだけがややイメージ違う気が。もう少し軽めで生意気、且つカワイイイ若者が欲しいな...松田優作次男では重いのでは(ほんと観てないから想像なんだけど)。何を読んでもストーリーがとっても練られていて、読者をひと時も飽きさせないっつう凄腕の伊坂幸太郎であるが、会話のセンスがとても良いところが私は好き。あまり使わないような言い回しとか、諺多用とか、とっぴな発想とか、とにかく新鮮。更に更に、続きが読みたいよん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月17日 (水)

『かまわぬの 手ぬぐい使い方手帖』

探している本があって書店を徘徊していたら、『かまわぬの 手ぬぐい使い方手帖』(河出書房新社)という本をみつけて鼻血出しながら即買い。結局捜索中の本はなかったものの、これに出会えたからラッキーな一日だ。まるまる一冊、てぬぐいをああだこうだして使ったり折ったり洗ったり縫ったり単に愛でたりと、手ぬぐい偏愛主義者にとってはもう見ているだけで大満足。ますます手ぬぐい魂に火がついたことは間違いなし。さっそくここに載っていた”手ぬぐいトート”を作るぞ。絶対作るぞ...

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

『グラン・ギニョール城』

芦辺拓の『グラン・ギニョール城』(創元推理文庫)を読む。芦辺拓は読んだ事がなかったが、会社に電話をしてきた玩具人形なんたらというお客様の名前をグラン・ギニョールと聞き間違えたことのあるわたくしであるに故、タイトルに惹かれて買ってみた。未完の探偵小説『グラン・ギニョール城』と、弁護士・森江春策の現実が交錯していく、なんだか目眩がしてくるような凝ったストーリー。古城、嵐、美女、謎の中国人等々、ザ・本格!って感じの舞台設定が久々に心地よいです。しかし本格って、往々にしてトリックが飲み込めないことが多い。おさるにはややムツカシイあるね。それが理解できないと本格を堪能する意味があんましないのかな...まあ雰囲気を楽しむだけでもオッケーとしてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

『εに誓って』

森博嗣のGシリーズ最新刊『εに誓って』(講談社ノベルス)を読む。シリーズお馴染みの人物たちがバスジャックに巻き込まれる話。前作よりはましだった(失敬)。わたくしという人間の弱さとか甘さが、このシリーズを買い続けていることによって露見しているでしょう。なんつって。このGな展開に良くも悪くも慣れてきちゃったものの、森センセは一体何処へ行くんだろう。次はλか。まだ書くか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

『心洞』

お待ちかね、革命シリーズの第三弾、五條瑛の『心洞』(双葉文庫)を一気読み!この小説を読む限りでは、暴力と裏切りの街・新宿はもうえらいことになっておるよ。今回は、それぞれ心に空洞を抱えながらもちょこちょことアブナイ橋を渡りつつそれなりになんとか暮らす家出少女・エナ&同居人のチンピラ・ヤスフミが、あれよあれよという間に何やらヤバさ120%の抗争に巻き込まれて...みたいな、にっちもさっちもいかない話に仕上がっています。嗚呼バイオレンス。小憎いタイミングでよぎる黒い影、麗しのサーシャ様はいったいこの街を、この国を、どうなさるおつもりか。その答えはあと7冊引っ張るだろうが、ほんとに答えを出してくれるのか心配。すみれのいきなりな大物感もやや心配。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月11日 (木)

『イッツ・オンリー・トーク』

もはや芥川賞作家・絲山秋子のデビュー作『イッツ・オンリー・トーク』(文春文庫)を読む。人の病み方って色んなかたちがあるのだなと今更ながら感心する。病んでいない人なんてほとんどいないのかもしれない。自分も含め。感情移入という点ではほとんどできないけれども、そこはかとなく笑えるのが良い。帯に、心の義姉・寺島しのぶとトヨエツの写真が付いており、このアクの強そうなキャストで映画化らしいので見たいなーと思ったが、読んだ後はそんな気持ちもやや引き気味か。でも怖いもの見たさというのもあるな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月10日 (水)

『QED 百人一首の呪』

先月の活字ジャンキーの集いで薦められた、高田崇史の『QED 百人一首の呪』(講談社文庫)をやっと読んだ。百人一首コレクターの大金持ちが、一枚の札を握り締めて殺されていた...っつう殺人事件と同時に、百人一首そのものに藤原定家が仕掛けた壮大な謎を解いてしまう探偵役・桑原崇(職業は薬剤師)!すげえよあんた。途中歴史的事実の説明がややだれるところもあるが、パズルの破片が次々とはまっていく様はかなりエキサイティング。美しくすらある仕上がりに恍惚。やっぱりこーゆうの、好きでした。ジャンキー仲間よ、君たちの見立ては正しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

脳内キャスト

ゴールデンウィークが終わって風邪っぴき、というのはたるんでいる人の見本みたいだな。実際たるんでおりますが。風邪をおして下山、やっと雑誌『ダ・ヴィンチ』を買って帰る。恩田陸が自作の演劇ロマン長編『チョコレートコスモス』について語っており、主要な登場人物の作者自身の”脳内キャスト”が、思っていた人と何人か一致してちょっと嬉しくなる。当った!的な。続編を書く予定があるとのことで、んもうすこぶる楽しみー。伊坂幸太郎の陽気なギャングも続編が出るというのでこっちも楽しみー。新刊チェックなどしてしばしほくほく。しかし明日から仕事じゃ。いやじゃのう。爺モードで憂いてみた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

『ささら さや』

加納朋子の『ささら さや』(幻冬舎文庫)を読む。映画『ゴースト ニューヨークの幻』的な話らしいのでちょっとどうかなあと思っていたのだが、木村多江(大好物)の帯が付いてたので買ってみた。確かに”ゴースト”、でも加納朋子らしく繊細で優しい連作短編集であった。ヒロインのサヤは、弱そうに見えてこんな奴ほんとは一番強いんだよな....っつうやや苦手なタイプ。にもかかわらず、応援したくなるような仕上がりなのは加納朋子の手腕か。登場するばあちゃんたちが皆深みがあっていいっす!こんな人たちに囲まれて育ったら、サヤの赤子もいい子になりそうな気がする。年寄りがいる環境って案外大事かもなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

『最澄と天台の国宝』展

N_museum
何も子供の日に...と思うも、7日までの会期なので慌てて東京国立博物館へ『最澄と天台の国宝』展を見に行く。しかしやっぱり子供の日に行くべきではないな、と激しく後悔ス。上野は普通に改札も出られない程の大混雑。他に行くとこないんかい!と自分の事は棚に上げ逆ギレ。博物館はすんなり入れたが、何故か真っ先にミュージアムショップに直行してかなり散財する。やっぱりここのショップは楽しいっす。うはうはしているうちに特別展がえらい混み始めて、巻物とか仏具なんかは人のアタマでもう全然見えず。とりあえず仏を重点的に観賞。仏はええで。そんな感想で連休中のおでかけは以上!解散!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年5月 5日 (金)

『町長選挙』

精神科医・伊良部先生シリーズの最新刊、奥田英朗の『町長選挙』(文藝春秋)を読む。相変わらず笑って笑ってちょっと泣ける。今回の患者さんたちは、IT社長や若造り女優などあからさまにモデルがいるなっつう有名人が多くてその辺も面白い。まあ相手がどんなにセレブであろうと伊良部先生のおバカぶり、無茶苦茶ぶりは全く変わらないんだけどね。エロかっちょいい看護婦のマユミさんに、FFのフランをキャスティングして読んじゃった。FFのやりすぎだって。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006年5月 4日 (木)

踊るダメ人間

っていう、往年の筋肉少女帯の名曲を思い出すような一日であった。踊るどころか動くことすらあんまりしてないんだけど。とにかく気の向くままにFFやって疲れたらその場で寝てまた起きたらFFやって...の繰り返し。しばらくFFから離れていたのだが、先日同好の士たちと会って攻略豆知識的なことを聞いたりしてるうちにゲーマー魂に再び火がついたもの。今のわしにとっては帝国だの解放軍だのどうでもいいわ。思想なき殺戮者と化してモブ狩りに血道をあげている。人としてものごっつダメな感じ、でも連休らしいっちゃあらしい過し方でありましょう。GWのGはギルのG、ってことで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

『夏期限定トロピカルパフェ事件』

米澤穂信の『夏期限定トロピカルパフェ事件』(創元推理文庫)を読む。小市民シリーズ?の第二弾に結局手を出す。スイーツ好きの小山内さんによる、この夏制するべき”小山内スイーツセレクション”は、甘いものにはさほど興味のない私にすら訴えかけるものがある...つうわけで珍しくケーキなんか買ってみた。お話の方は案外ビターなことになっていたので、ちょっと今後の展開が期待できそう。甘い話は嫌いなのか。なんか最近やさぐれてるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

團菊祭 五月大歌舞伎 夜の部

カブキチの友人カッパと團菊祭初日の夜の部へ行く。とにかくひっさしぶりに見られるであろう海老菊ツーショットを想像するだに胸も高鳴る五月である。まずは『傾城反魂香』、途中まで三津五郎を認識できず驚く。私の頭の中の消しゴムはまず三津五郎を消すのか。嗚呼。見たハズの演目なのに、石のくだりにもフツーに驚く。大丈夫か私。次はお待ちかねの保名&藤娘アワー!まず菊之助の『保名』、色々ご意見もあるだろうがもうキレイだからいいじゃん、的な。物狂いとか悲しい感じは希薄だけど、きっと自分の事が一番好きなのネ、という解釈で。とりあえず形見の小袖になりてぇと濁った心で思う。海老蔵の『藤娘』、でかい。技術云々よりも魅力でねじ伏せた感がある。色んな意味ででかい男よのう。これロンドンにもっていくのかと思うと、ほんとスゴイね。夜の部で一番面白かった。面白かった?ラストは『黒手組』、何はともあれ海老菊カポーに釘付けっす。なんとなく直視するのも憚られる気がしてでもしっかり凝視して結構ドキドキする。全体的にぐずぐずな話だったが立ち回りで締めてオールオッケー?数ヶ月ぶりに見た新七さんの白い脛もいと眩し!やっほう!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

『鴨川ホルモー』

東大出にはさほど感銘を受けないが、京大出には無条件で食いついてしまう。京大出というだけで辰巳琢郎にすら(失敬)つい一目置いてしまうありさまだ。京大だーいすき。というわけで、圧倒的なインパクトのタイトル&著者が京大出っつう二点のみで買ってみた万城目学の『鴨川ホルモー』(産業編集センター)を読む。結果、この二点買いは大成功。主人公の京大一回生・安倍は葵祭の帰りに勧誘されて”京大青竜会”という怪しげなサークルについ入ってしまい、”ホルモー”に出会うことになる。ホルモーとは何ぞや??その実態が徐々に明かされていくのが、意外にエキサイティング!そしてかなりバカバカしい!しかし神や鬼が普通にいるに違いない京都という土地ならではの、かような存在に対する真摯な態度が好ましい。ホルモーを通して安倍たちサークルの面々がどう変わっていくのか、っつう案外バリバリの青春小説にもなっている。京都・異界・京大生と、私の好きなものが見事に揃ったスバラしき一冊!三池監督あたりで実写されたらすっごく面白いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »