« ブックカバー偏愛主義 | トップページ | 『マドンナ』 »

2006年4月 5日 (水)

『終末のフール』

伊坂幸太郎の最新刊『終末のフール』(集英社)を読む。間もなく世界の終わりを迎える人々の、静かで熱い8つのストーリー。非常時にギリギリの”普通”を保つことの難しさ、絶望の中でもかすかにしかし確実に差す光、生きていこうとする人たちの曰く言いがたいつながり。果てしなく重くなってもおかしくない題材なのに、どこかすっとぼけた、笑える部分が伊坂幸太郎っぽい。そして不意打ちのように胸に響く文章が必ずある。何よりも読んでいることがすごく楽しい。終末には伊坂幸太郎を読んでいたい、と思うくらいの。

|

« ブックカバー偏愛主義 | トップページ | 『マドンナ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/9436162

この記事へのトラックバック一覧です: 『終末のフール』:

« ブックカバー偏愛主義 | トップページ | 『マドンナ』 »