« 『金閣寺に密室』 | トップページ | シネマ歌舞伎『坂東玉三郎 鷺娘』 »

2006年4月24日 (月)

『ひな菊の人生』

吉本ばななの『ひな菊の人生』(幻冬舎文庫)を読む。薄い本だが書かれていることは時として重く深く、大切でいとおしい。細いけど骨密度が高い感じ(違うかな)。”時差はあっても結局みんな死ぬ”といった文章に少し泣きつつ納得する。奈良美智の絵が大層良い。これらの絵とともに語られて初めてひな菊の人生なのだと言えましょう。

|

« 『金閣寺に密室』 | トップページ | シネマ歌舞伎『坂東玉三郎 鷺娘』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/9739134

この記事へのトラックバック一覧です: 『ひな菊の人生』:

« 『金閣寺に密室』 | トップページ | シネマ歌舞伎『坂東玉三郎 鷺娘』 »