« よーし、わかった | トップページ | FUROSHIKI展 »

2006年4月14日 (金)

『月の扉』

石持浅海の『月の扉』(光文社文庫)を読む。沖縄で起こったハイジャック事件と、その機内で発見された死体。ハイジャック犯の真の目的は?そして殺人事件の犯人は一体?閉鎖された状況下で進行するストーリーは確かに読ませます。スリリング、ってほどの緊張感はあんましないんだけどね。”かつて、こんなに美しいミステリがあっただろうか”っつう帯の文句はやりすぎか。それでも石持浅海は”ルート66”(お馴染み1966年生まれ)なので、今後に期待します。

|

« よーし、わかった | トップページ | FUROSHIKI展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/9581974

この記事へのトラックバック一覧です: 『月の扉』:

« よーし、わかった | トップページ | FUROSHIKI展 »