« 『あやめ横丁の人々』 | トップページ | 『春期限定いちごタルト事件』 »

2006年4月10日 (月)

『厄年の街』

松尾スズキの『厄年の街 寝言サイズの断末魔Ⅲ』(扶桑社)を読む。SPA!連載中のエッセイ第三弾。二冊目を読んだ時に、一冊目で既にギリギリであったにも関わらずその当時ののどかさが懐かしい、と思ったものだが、今となってはそんな二冊目もまだ牧歌的に平和な時代だったよね...としみじみする最新刊だ。松尾ちゃん!死んじゃうよ!!読んでるこちらもエマージェンシー気分。でも凄いよ。プロだよ松尾ちゃん。偉そうに言わせて頂ければ、文章のレベルが全く落ちてない。うーん面白い。人の不幸を読んで面白いと屈託なく普通に言わせてしまうほどに、うまい文章である。とりあえず『キレイ』を救った蘭々に、改めて乾杯しておきましょう。

|

« 『あやめ横丁の人々』 | トップページ | 『春期限定いちごタルト事件』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/9515732

この記事へのトラックバック一覧です: 『厄年の街』:

« 『あやめ横丁の人々』 | トップページ | 『春期限定いちごタルト事件』 »