« 『マドンナ』 | トップページ | 『あやめ横丁の人々』 »

2006年4月 7日 (金)

もっと頑張れ本屋大賞

本に詳しい(ハズ)の書店員がいちばん売りたい本を選ぶっつう本屋大賞、さほど意外性のないイージーなラインナップで毎年やや肩透かしをくらいつつも何かと期待をしている賞でもある。しかし今年はリリーくんの『東京タワー』が大賞だよ。あまりの普通さに腰砕けだよ。勿論この本は大好きだし、多くの人に読んで頂きたいと思うけど、わざわざ大賞に選ばなくたってもう充分認知されてるし売れてるじゃん!と思うのね。ここはひとつ、あえてはずしていきましょうって話ですわ。すこぶるイイのに認知度の低さ故か今ひとつ売れない作品、不遇のまま埋もれさせておくのは勿体無い作品、みたいなものを発掘して紹介してこそ、書店員が選ぶ意味があるのではないか。って何をアツくなってんだ私は。来年こそはもっとわしらを驚かせて欲しいものどす。

|

« 『マドンナ』 | トップページ | 『あやめ横丁の人々』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっと頑張れ本屋大賞:

« 『マドンナ』 | トップページ | 『あやめ横丁の人々』 »