« 四月大歌舞伎 | トップページ | 『ひな菊の人生』 »

2006年4月23日 (日)

『金閣寺に密室』

鯨銃一郎の『金閣寺に密室』(祥伝社文庫)を読む。密室は”ひそかむろ”とルビあり。時は室町、足利義満が権勢を誇っていた時代、金閣寺最上層部で死体が発見された。その死の謎を解くべく依頼されたのが、とんちでお馴染みの小坊主・一休さんである。寺に寄宿する少女・茜や義満に愛された魅力的な能楽者・世阿弥、検使官・新右衛門の協力を得ながら、知恵者一休はこの難問に答えを見出せるのか?室町時代はよく知らんので最初とっつき悪かったけれど、一休さんの意外な関西弁にぐいぐいひっぱられて面白く読める。これから金閣寺を見るとこの話を思い出すのかもな。

|

« 四月大歌舞伎 | トップページ | 『ひな菊の人生』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/9718090

この記事へのトラックバック一覧です: 『金閣寺に密室』:

« 四月大歌舞伎 | トップページ | 『ひな菊の人生』 »