« 映画『かもめ食堂』 | トップページ | 牡丹と菊 »

2006年4月28日 (金)

『さよなら、スナフキン』

山崎マキコの『さよなら、スナフキン』(新潮文庫)を読む。前作『マリモ』(新潮文庫)にはストレートにヤラれたので今回も即買い。本人は一所懸命なのにその方向が決定的に間違っている、なんだかうっすらとダメな女・大瀬崎亜紀。さして美人でもなく賢くもなく、自分に価値は全くないと思い込み、ただ人さまに必要とされる人間になりたいとそれだけを望む日々。基本的にマイナス思考、しかし単純なので褒められたりするとすっごくシアワセ。人によってはこの女の一挙手一投足から考え方に至るまで全てにイラッとするであろう。しかし私は大瀬崎を他人とは思えない。嗚呼、自分の中の大瀬崎が読みながらちょっぴり泣いていました。ダメな奴だけど、ただの後ろ向きではない、こんな進み方もあっていいかな的に大瀬崎を見てやってほすい。それに山崎マキコなので結構笑えます。タイトルもイイね。

|

« 映画『かもめ食堂』 | トップページ | 牡丹と菊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/9806174

この記事へのトラックバック一覧です: 『さよなら、スナフキン』:

« 映画『かもめ食堂』 | トップページ | 牡丹と菊 »