« 『厄年の街』 | トップページ | よーし、わかった »

2006年4月11日 (火)

『春期限定いちごタルト事件』

米澤穂信の『春期限定いちごタルト事件』(創元推理文庫)を読む。買ったまま放置していたら、続編の夏期限定なんたらが発売されており慌てて読んだもの。何故か小市民を目指す高校一年生・小鳩くんと小山内さんが、でしゃばらず慎ましく謎を解くっつう全体的にあんまし覇気のないミステリ。面白さがわかりにくい。といいますか面白いのだろうか。慌てることもなかったかな、とやや思う。でも小山内さんが何故に小市民を目指すのかっつうのは知りたい感じ。これ、ひっぱるのかしら。

|

« 『厄年の街』 | トップページ | よーし、わかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/9541240

この記事へのトラックバック一覧です: 『春期限定いちごタルト事件』:

« 『厄年の街』 | トップページ | よーし、わかった »