« 『人生を救え!』 | トップページ | 『終末のフール』 »

2006年4月 4日 (火)

ブックカバー偏愛主義

Bookcover
書店でかけてくれる紙のカバーを断るようになってから、布製のブックカバーをなんとなく集めている。最近愛用しているこの三点は全部歌舞伎座売店で購入したもの。歌舞伎座に行くと一回一手拭いを買うのが常であったが、近頃は一回一ブックカバー購入がブームになりつつあります。下駄柄と梅柄のはポンピン堂製。バットとボール柄のは栞付きで1000円とお値段も可愛くて気に入っている。
しかし梅はちょっと時期的に終わっちゃったね。これからはブックカバーにも季節感を取り入れないといかんな。なんつって、新たな購入理由を探してみた。

|

« 『人生を救え!』 | トップページ | 『終末のフール』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブックカバー偏愛主義:

« 『人生を救え!』 | トップページ | 『終末のフール』 »