« 『あほらし屋の鐘が鳴る』 | トップページ | 『金閣寺に密室』 »

2006年4月22日 (土)

四月大歌舞伎

知らなかったのだが、”六世中村歌右衛門五年祭”であるらしい四月大歌舞伎・夜の部を観に行った。歌右衛門さんが亡くなったのはまだ私が歌舞伎を観始めの頃で、「父は上等な人間でした」的な内容の梅玉さんの発言が印象に残っている。親を上等と言えるのは良いなあと思ったので。
さて夜の部最初は『井伊大老』。言い訳のようだが①照明が暗くて②登場人物が2,3人という状況がおさるの弱点故、やっぱり寝てしまった(まさに言い訳)。同行のカブキチの友人カッパは隣でかなり泣いていたので、相当いい話だったに違いない。すまん。楽しみな『口上』はゴージャス国宝アワー!色んな意味で緊張!”ルート66”の玉太郎が六代目松江を襲名する為の口上だと思い込んでいたのですが、概ね歌右衛門さんについてのコメントでした。誠に口上は楽しいのう。『時雨西行』は藤十郎さんと梅玉さんの踊り。相変わらず色っぽい藤十郎さんは普賢菩薩にあまり見えず。最後は『伊勢音頭恋寝刃』、芸のない感想で恐縮ですが仁左衛門さんかっちょいいー。今月の購入ブロマイドは血染めの白絣姿が禍々しくも美しい仁左衛門に決定。福助の万野、いと憎らし。東蔵さんのお鹿ちゃんが案外かわゆらし。夢に見そう...

Taiyaki
←三階席の時は匂いに誘われて大抵買ってしまう、紅白餅入り鯛焼き。
甘いものはあまり食べないのに、これは大好物~

|

« 『あほらし屋の鐘が鳴る』 | トップページ | 『金閣寺に密室』 »

コメント

へローNOPPY
マイファースト購入ブロマイド”ルート66”の写真、今度みてね。なかなかです。新玉太郎丈、新松江丈、キュートな東蔵丈親子3代のも、なかなかありがたいです。
みせあいっこするブロマイドがどんどん増えますな。
そういえば、鯛焼きの内臓画像担当と割り振りでしたね。グロテスクな感じで追加してみました。こちらはスミレ手ぬぐいが春らしくてステキ。
おさるとかっぱは、おおかた2人(匹)で1人分なので(一心同体と微妙に違う・・)記憶を補えあえたらと思っておりまする。まだまだのふつつかモノですが、これからもヨロシク。


投稿: かっぱ実ハかいちょ | 2006年4月22日 (土) 11時39分

>のっぴさん、こんにちは!
>“ルート66”の玉太郎
???なんですと?すいません、解説をお願いします。
「紅白餅入り鯛焼き」食べた~い♪
次回は団菊千穐楽・・・口に入るには、まだまだ時間がかかりますので、夢に出そうです。

かっぱ実ハかいちょさんのブログにもお邪魔しました。
のっぴさん、かっぱ実ハかいちょさん、の楽しい文章に癒されてる恵美です ^^ 。

投稿: 恵美 | 2006年4月22日 (土) 13時31分

>ハローかいちょ
初コメント有難うございます!
ゆくゆくはトラックバックも視野に入れて、カッパ界初のブログ女王を目指して下さいね☆
鯛焼きの内臓写真、衝撃だったよ!!R15指定だな。先ほど美味しく食べました。
そして昨日も御世話になりました。
ブロマイド、親子三代のも買ったの?今度見せてね。
私のアルバムはやっと二冊目の半分になり申した...まだまだです。
来月は頑張るよ!!

>ハロー恵美様
あああ、ルート66に注意書きを今回書き忘れました。すみません。
トータス松本やスガシカオなど1966年生まれのミュージシャンが集まった”ルート66”に因んで、業界問わず66年生まれの人(私を含む)を”ルート66”と勝手に呼んで勝手に親近感を持って応援していますの。
新松江さんはそんなわけで同い年なので、より一層注目したいと思う次第です。
なかなか二枚目だったしー
来月の團菊は盛り上がりそうですね~。超楽しみです。鯛焼きも買いまくりです。
カッパのブログにご訪問、有難うございます。
私が言うのも変ですが、そして変ついでに恵美さん宛のコメントもつけてきちゃった☆ちょっと、嬉しかったので。

投稿: のっぴ | 2006年4月22日 (土) 17時25分

へローNoppy
コメントしはじめたら、もうやまられまへんなぁ。
順番がわからんようになるまで、本棚にアルバム並べはったらええわ、うちみたいに。おきばりやす。

投稿: かいちょ | 2006年4月23日 (日) 00時12分

ハローかいちょ
連続コメントアリガトゥー
コメンテーター的なかいちょがとっても新鮮☆
その調子で行くでげすよ!(幇間)
そうか、かいちょのアルバムはもう順番がわからないことになってるのか...
とりあえず尊敬、していいよね。
来月は歌舞伎座の売上に微力ながら後見じゃなくて貢献する予感。

投稿: のっぴ | 2006年4月23日 (日) 03時05分

>のっぴさま
風知草のとみです。
普遍的市民感情に立脚した素晴らしい観劇記をいともさっくりお書きになるのっぴさま。
道理,道理,さもありなん,may beと膝を打ちました。
おつれさまも相当のつわものとお見受けしました。こまめにのぞかせて頂きます。

投稿: とみ | 2006年4月23日 (日) 08時39分

>ハローとみ様
いやほんとに単なる底の浅いミーハーなので、
これくらいのさっくりさ加減が身の丈サイズなんす...
とみ様のレポートを読ませて頂いては、
うーむ本格的と唸りつつ勉強勉強の日々です☆
でも好みの男子をみつけるのは早いよ!←威張るな!
つれのカッパ(かいちょ)は、とみ様ブログもかかさず拝見してるハズ...
歌舞伎関係のサイトはかなり貪欲に網羅しているカブキチですので、私よりずっとディープです。
今後ともヨロシクお願い致します。

投稿: のっぴ | 2006年4月23日 (日) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四月大歌舞伎:

« 『あほらし屋の鐘が鳴る』 | トップページ | 『金閣寺に密室』 »