« 勘三郎への道 | トップページ | 『永遠の出口』 »

2006年3月29日 (水)

『チョコレートコスモス』

恩田陸の新刊『チョコレートコスモス』(毎日新聞社)を読む。”恩田陸が放つ、熱狂と陶酔の演劇ロマン”という帯の文句に一直線に食いついたもの。そしてそんな自らの食い意地を褒めたいと思った読後である。褒められるべきは恩田陸だがね。ワークショップ、エチュード、『夏の夜の夢』、柿落とし公演、オーディション...最初から最後まで芝居どっぷりな展開に、芝居好きならずとも頁を捲る手が止まらないこと必須。ありがちな連想で恐縮だが、北島マヤ&姫川亜弓を彷彿とさせる女優達や、どうみてもこれは野田でしょう的な演出家、若く野心ある学生演劇の面々などそれぞれが実にいきいきと描かれております。緊張と興奮も最高潮の大詰めは、正に手に汗握る大熱演であった。どうしようもなくひきつけられるけれど、どこか怖くもある恩田陸の芝居の世界を堪能させて頂いたよ。

|

« 勘三郎への道 | トップページ | 『永遠の出口』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/9307374

この記事へのトラックバック一覧です: 『チョコレートコスモス』:

« 勘三郎への道 | トップページ | 『永遠の出口』 »