« 『妖怪ハンター 地の巻』 | トップページ | FFXII! »

2006年3月16日 (木)

オカンの京都土産

sousou
京都に行ってきたマンキー母が、SOU・SOUの伊勢木綿バッグをお土産にくれた。いつもは京都の一澤帆布でバッグバカ買いを常とするファンキーマザーなのだが、一澤帆布があんなことになっている為今回はそれも叶わず。代案としてSOU・SOUを推してみたら結構ツボだったらしく買い占め行動に出た模様。ここの地下足袋を愛用しているおさるとしてはとっても嬉しい逸品であります。模様が分かりにくいが、SO-SU-Uです。イイね。
わしの方は年末からあっためている京都行きのめどが全く立ってないのだが、今日もまた京都本を買ってしまった。Meets!でお馴染みの京阪神エルマガジン社が出している『京都地図本』。そこそこの大きさと軽さがいい感じ、カスタマイズして尚可。これはかなり使える予感...

|

« 『妖怪ハンター 地の巻』 | トップページ | FFXII! »

コメント

こんばんはー。
このバッグ、かなりワタクシ好みです。これからの季節によさげですね。
お店のHPみたらネット販売もしてるみたいだけど私の欲しい形は売り切れでした(涙)。やっぱりお店のほうが品数が多いのかな。今度京都に行ったら(いつだ?)絶対買って帰る~、と誓いました。
ところで一澤帆布はどうなるんですかね~。イチ愛用者として気になります。

投稿: うさ吉 | 2006年3月19日 (日) 00時13分

>ハローうさ吉さん
前にうさ吉さんのブログにて京都に行くの巻を読ませて頂いた時、買ってる物とかちょっと似てるなあと思い勝手に親近感を持たせて貰ってました☆のでコメント嬉しいです。
私はSOU・SOUのKI-KU柄が大好きで、オカンにもそれを買ってくれたまえと申し伝えたのですが、やはり売り切れていたそうです。ち。
青山やビーナスフォートにも店舗がありますけれど、やっぱり京都で買いたい的な気持ちもある...でもたまに行ってます。
一澤帆布のことは本当にムネが痛みますね。
なんとか職人さんたちには違う名前でも続けていってほしいどす。
そして今ある一澤帆布製バッグは大事に使わないといかんな、と思ってマス。

投稿: のっぴ | 2006年3月19日 (日) 05時16分

ふたたび、こんばんはー。
東京にもお店があるのですね、いいこと聞きました。ヴィーナスフォートは行動範囲に入ってないので今度、いやさっそくに今週青山のお店をのぞいてみるです。
うんうん、あのKI-KU柄かわいいですねぇ、KI-KU柄足袋下いいかも~と、欲しいバッグが売り切れじゃなかったら足袋下も一緒にポチッとしていたところでした。
実は前々からこちらの菊文様ステキだーと
思うとりましたが、やはり音羽屋ってことで??

投稿: うさ吉 | 2006年3月21日 (火) 21時20分

>ハローうさ吉さん
青山店は地下足袋と足袋靴下がメインで、
バッグ類と手拭いがちょこっと、な感じです。
ビーナスフォートの方が服も色々あるのですが、
如何せん不便なんですよねえええ。
一回だけ行ったけど、後は専ら青山店です。
そうですそうです、お察しの通り音羽屋ってことで...
菊がついてるということが軽く購買の理由になってしまう菊バカですわ。

投稿: のっぴ | 2006年3月21日 (火) 22時13分

こんばんはー。
今日やっと青山のお店に行ってきましたー。
ちょっと偵察、のつもりだったのに対応してくれた店員さんが非常にかんじの良い方でおもわず買ってしまいました。えへ。
でかバックと手拭いを一つずつ。
青山に行ったときについつい立ち寄ってしまいそうでこわいですワー。
ということでNOPPYさん、ご紹介ありがとうございます♪

投稿: うさ吉 | 2006年4月 6日 (木) 23時20分

ハローうさ吉さん
おお、行かれましたか。
いいっすね~でかバック!ぜしブログで写真UPして頂きたいです☆
お店はあんまりおっきくないのに、何を買おうか(というか何を諦めるか)迷ってしまい店内うろうろしちゃいませんか。
一人でお買物に来ている男子もなかなかキュート度が高い気がします。ふふ
SOUSOUのサイトのコラムで見た、台湾の書店とコラボで作ったというブックカバーが超ほすい!日本でも売ってくれないかなあ。

投稿: のっぴ | 2006年4月 7日 (金) 02時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オカンの京都土産:

« 『妖怪ハンター 地の巻』 | トップページ | FFXII! »