« 『きものが欲しい!』 | トップページ | 久世さん »

2006年3月 6日 (月)

『沖で待つ』

芥川賞受賞作、絲山秋子の『沖で待つ』(文藝春秋)を読む。キッパリしているけども内容の想像が全くつかないタイトルがとてもイイね。本筋とは関係ないかもしれないが、バブル入社総合職女子の一種独特の悲哀...みたいなものが同世代としてはほっとけなかった。同時収録の『勤労感謝の日』も、口の悪さがすかっとする一篇。これからもこっそり応援したい作家です。何故こっそり。

|

« 『きものが欲しい!』 | トップページ | 久世さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/8964519

この記事へのトラックバック一覧です: 『沖で待つ』:

» 『沖で待つ』 [独善的な読前書評]
 平成17年度下半期の芥川賞受賞作。 管理人は、この小説を文藝春秋誌の2006年 [続きを読む]

受信: 2006年3月12日 (日) 21時44分

« 『きものが欲しい!』 | トップページ | 久世さん »