« 『写楽・考』 | トップページ | 『舫鬼九郎』再読 »

2006年2月11日 (土)

二月大歌舞伎・昼の部

andon1andon2
初午なので会社休んで歌舞伎座へ二月大歌舞伎昼の部を観に行く。会社、休み過ぎだ!しかし悔いのない道楽人生を貫く為にはいたしかたあるまい。ふふん。で、何故初午かと言うと、京都伏見稲荷神社に神様が降りたと言われるこの日は歌舞伎座の敷地内にあるお稲荷さんにもお参りが出来るのであります。つうことをカブキチの友人カッパがどこからか調べてきてチケットの手配をしてくれたわけで。いつもながら面白そうな行事に鼻がきいて段取りのいい天晴れカッパである。参詣後、紅白のお餅が入ったお汁粉が振舞われ、お神酒も頂けた。二月には恒例らしい地口行灯と言うものが場内に吊るされて雰囲気もあり、全体的にイイね二月!と言った按配である。

さてわたくしの本日一番のお目当て演目は、菊之助&橋之助の「お染久松」。言わずもがなだが菊はやっぱりかわゆらしい。あと芝翫の後見をやっていた芝のぶちゃんがすこぶる凛々しくて、芝翫ソロ時はつい芝のぶちゃんばっかし観ちゃったわけさ...。「幡随長兵衛」も武士の癖になんじゃ!っつう業腹な話であったが、吉右衛門さんのかっちょいい侠客にしびれるね。登場人物が多いとすこぶる嬉しいので、話はともかく、観ているのがとても楽しかった長兵衛であった。

|

« 『写楽・考』 | トップページ | 『舫鬼九郎』再読 »

コメント

行ってきました~!
そっか!初午に振る舞いがあるんですね、覚えておかなくっちゃイケませんね。
芝のぶさんステキでした!なかなかお目にかかれないので、こ~んなステキな方とは・・・^^ 。
菊史郎さんも今月は子分と後見。男(笑)でしたね。
何か、得した気分です♪
もちろん!音羽屋親子と吉右衛門丈も堪能しましたよ~♪

投稿: 恵美 | 2006年2月12日 (日) 18時44分

>ハロー恵美様
お汁粉を全部食べ終わってから写真とれば良かったーと気付きました。
生き急いでいた自分に反省。
来年は初午でお会いできたら良いですね☆
芝のぶちゃん、ほんとに素敵でしたよねー。
芝翫さんには悪いが芝のぶちゃんばっかし観てたわ~。間違ってますね。てへ。
そうそう、菊史郎さんの男子には全然気付かなくて後で友人に教えられました。残念。
そいえば石切梶原の愛之助さんのこともわからなかったとです...まだまだだな、おさる。

投稿: おさるもしくはのっぴ | 2006年2月12日 (日) 20時30分

初午ってのは、毎年11日なものでしょうか?
>石切梶原の愛之助さんのこともわからなかったとです
わかって見ててもラブリンに見えない、じーっと見てても見えない。
目が合ってても見えない(笑)でしたもの。騙されます。
時々の流し目と、声で「らぶりんかな?」でした。

投稿: 恵美 | 2006年2月13日 (月) 15時02分

>ハロー恵美様
初午はその年によって日にちは違うみたいです。
愛之助さんは顔を赤くしてた人でしたか...
うーん全くわからなかったなあ。
愛之助さんてらぶりんていうのですかー?かわゆらしいですー
わたくしは、仁左衛門さんのお孫さん初舞台の時だかの密着取材番組で、「あいにいに」と呼ばれていたのがいたく気に入っています。

投稿: おさるもしくはのっぴ | 2006年2月14日 (火) 02時06分

のっぴさん、ご無沙汰しております。
以前にちらり書込みしたことがある、
ちかりんです。こにゃにゃちは~
歌舞伎、まだ観劇したことのない、歌舞伎。
来週末とうとう体験することに・・・
のっぴさんと同じく「二月大歌舞伎昼の部」
右も左もわからへんし、なんせ初めてやん。
それに独りやん。関西から行くやん。
今から緊張しております(阿呆だ、笑)
とにかく本能のまま楽しもうと思います。
私に影響を与えてくれて有難う!!

ちなみに席は3階です。
初めてやしとりあえず「様子見」ってことで。
魅了されたら下へ下へと降りていきます(笑)

投稿: ちかりん | 2006年2月17日 (金) 13時29分

>ハローちかりんさん
お久しぶりですー嬉しいです!
お元気でいらっしゃいましたか。
初歌舞伎なんですね!!うひゃひゃ。
最初はとにかくお江戸見物だと思って雰囲気を面白がってくればオッケーかと...
売店も楽しいと思いマス。
うっかりするとかなり散財してしまう不思議な魅力があります。
演目によっては眠くなっちゃうという危惧もありますが、まあ私もよく寝てたし(今もたまに☆)
歌舞伎座で寝るのも文化ってことでひとつ。
私も最近はよく三階で見てます。
三階はオペラグラスがあったほうが良いですねー
誰か一人でも、これはっ!って思える役者さんがみつかると、楽しいとっかかりとなる気がします。菊之助もヨロシク。
素敵な旅となりますよう、お祈りしております。

投稿: おさるもしくはのっぴ | 2006年2月18日 (土) 03時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二月大歌舞伎・昼の部:

« 『写楽・考』 | トップページ | 『舫鬼九郎』再読 »