« 『舫鬼九郎』再読 | トップページ | 『鬼九郎五結鬼灯』再読 »

2006年2月13日 (月)

『鬼九郎鬼草子』再読

再読キャンペーン続行中。高橋克彦の『鬼九郎鬼草子』(実業之日本社・但し文庫版は新潮文庫)をこれまた久しぶりに読み返す。シリーズ第二部にあたる本書は、お馴染みの面々がまたもや怪しげな事件に巻き込まれ、その真相を探るべく北の方へと旅をするっつう冒険活劇。途中、傀儡衆との手に汗握る闘いなんかも織り交ぜながら更にスペクタクルな仕上がりとなっとります。愛染明王を背負った、未だ謎多き美貌の剣士・鬼九郎は、若い頃の京本政樹がやりたがりそうだな。やらせないけどね(何様)。

|

« 『舫鬼九郎』再読 | トップページ | 『鬼九郎五結鬼灯』再読 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『鬼九郎鬼草子』再読:

« 『舫鬼九郎』再読 | トップページ | 『鬼九郎五結鬼灯』再読 »