« 『写楽百面相』 | トップページ | 『黄色い目の魚』 »

2006年2月 6日 (月)

『写楽殺人事件』再読

写楽つながりで、高橋克彦の『写楽殺人事件』(講談社文庫)を久しぶりに読み返しす。うーん全然内容忘れてたよ。こちらは現代の浮世絵研究者が、ある肉筆画に書き込まれた”写楽”の文字からその正体に迫っていくうちに殺人事件に巻き込まれて...みたいな話。なので『写楽百面相』とは趣を異にしているけれど、関係者たち(蔦屋、十返舎一九、京伝など)が写楽に関してひたすら口をつぐむ訳というのが両方ともなかなか説得力があって面白いと思った。この勢いで何か他の写楽ものも読みたい気分どす。

|

« 『写楽百面相』 | トップページ | 『黄色い目の魚』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/8527114

この記事へのトラックバック一覧です: 『写楽殺人事件』再読:

« 『写楽百面相』 | トップページ | 『黄色い目の魚』 »