« 『鬼九郎鬼草子』再読 | トップページ | 『熊の場所』 »

2006年2月14日 (火)

『鬼九郎五結鬼灯』再読

再読キャンペーンも大詰め!シリーズ第三部、高橋克彦の『鬼九郎五結鬼灯』(実業之日本社・文庫版は新潮文庫)を読む。ついに舫九郎の正体が判明!おお、そうだったのか...と一回読んだハズなのに普通に驚き、そしてちょっと泣く。仲間っていいよね的な泣き。本書は主な登場人物それぞれをフィーチャリングした短編集スタイルになっており、特に天竺徳兵衛役者になるの巻がツボだった。お得意の南蛮渡りの手妻を駆使し、蝦蟇の妖術使いを演じる徳兵衛、妖艶な女形との関係も良い感じです。”天竺徳兵衛”は歌舞伎の演目にもあるらしいのだが、ぜしとも一度観てみたいものだわ。

|

« 『鬼九郎鬼草子』再読 | トップページ | 『熊の場所』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『鬼九郎五結鬼灯』再読:

« 『鬼九郎鬼草子』再読 | トップページ | 『熊の場所』 »