« 二月大歌舞伎 | トップページ | 『写楽殺人事件』再読 »

2006年2月 5日 (日)

『写楽百面相』

泡坂妻夫の『写楽百面相』(文春文庫)を読む。版元の若旦那が馴染みの芸者の部屋で見た役者絵に惹かれて、その絵師の正体を探ろうとするっつう話。歌舞伎役者、狂言作家、蔦屋に北斎など多種多様な人々が登場し、ほおおなどと楽しんでいるうちに最後は色んな事がはまるべきところにはまり、にゃるほど!的着地点にとっても納得したのであった。写楽って謎が多くてわくわくするな。高橋克彦の写楽ものも読み返えしたくなった。正体、すっかり忘れちゃったので。

|

« 二月大歌舞伎 | トップページ | 『写楽殺人事件』再読 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/8509111

この記事へのトラックバック一覧です: 『写楽百面相』:

« 二月大歌舞伎 | トップページ | 『写楽殺人事件』再読 »