« やっと会えたね(辻か!) | トップページ | 二月大歌舞伎・昼の部 »

2006年2月10日 (金)

『写楽・考』

北森鴻の『写楽・考 蓮丈那智フィールドファイルⅢ』(新潮社)を読む。蓮丈那智シリーズは文庫で揃えているも、自分の中の写楽ブーム故に今直ぐに読みたくてやむを得ずハードカバーで買ったもの。やむを得ず、ってこともないな。タイトルにもなっている「写楽・考」は、結果としてはわたくしが求めている写楽の正体や出自といった事については触れられていなかったのだが、それでもおおっ!?というアプローチに唸った。北森鴻の手による写楽の謎に更に迫る壮大な小説が読んでみたいなあ。勝手に希望。

|

« やっと会えたね(辻か!) | トップページ | 二月大歌舞伎・昼の部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/8588229

この記事へのトラックバック一覧です: 『写楽・考』:

« やっと会えたね(辻か!) | トップページ | 二月大歌舞伎・昼の部 »