« 『のだめカンタービレ(14)』 | トップページ | 『推理小説』 »

2006年1月19日 (木)

映画『THE有頂天ホテル』

今年も力いっぱい邦画を愛する所存の邦非映非連です。新春第一弾は三谷幸喜監督の『THE有頂天ホテル』。封切り間もない水曜日であったからか、有楽町の映画館は最終回チケット完売な程の満員御礼。混みすぎだよ。席なんて前の方のすんごい端っこで、首痛いよ。と、始まってすぐは心の中で文句たらたらであったが、そのうち首の痛いのなんてほんとに忘れてんの。そりくらいガアッとのめり込んで笑えたわー。話もよく出来てたし。個人的な好みから言ったら、やや有名どころが出すぎかな。これだけの役者を揃えたのならもっと笑えてもいいわ、くらいの過剰キャスト?まあ変な難癖ですがね。あとフジテレビ臭が鼻につくかな。まあ仕方ないですかね。わさわさした中で、原田美枝子のニュートラルな演技がとっても好感であった。アンド梶原くんサイコー。

|

« 『のだめカンタービレ(14)』 | トップページ | 『推理小説』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/8228383

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『THE有頂天ホテル』:

« 『のだめカンタービレ(14)』 | トップページ | 『推理小説』 »