« 映画『SAYURI』 | トップページ | 『砂漠』 »

2006年1月15日 (日)

『緋友禅』

北森鴻の『緋友禅 旗師・冬狐堂』(文春文庫)を読む。旗師と呼ばれる、店舗を持たない古物商・冬狐堂こと宇佐見陶子が主人公の、魅惑のシリーズであります。別嬪で凄腕の彼女の元へ、骨董品と一緒に何故か舞い込む事件の数々。それ故トラブルメーカーと囁かれつつも、騙しあいの骨董業界をクールに生き抜く冬狐堂、かっちょいいっす。円空仏や萩焼、糊染め、埴輪などに関する情報も読んでいて大層興味深く、古美術の知識がなくても充分楽しめる。北森鴻は、かなりやるね。←偉そう
enkuu 


家にもあった、円空仏(もどき)...

|

« 映画『SAYURI』 | トップページ | 『砂漠』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/8166375

この記事へのトラックバック一覧です: 『緋友禅』:

« 映画『SAYURI』 | トップページ | 『砂漠』 »