« 新春大歌舞伎 | トップページ | 『心のなかの冷たい何か』 »

2006年1月10日 (火)

『十字路のあるところ』

吉田篤弘の文章と坂本真典の写真による『十字路のあるところ』(朝日新聞社)を読む。どこかにありそうでなさそうな街の十字路から生まれた六つの物語は、どれもちょっとずつへんてこで不思議な味わいだ。さほど不条理臭くない稲垣足穂、みたいな。違うかな。気恥ずかしさを感じない程度のファンタジーが好みだ。その物語の”ほんとう”を裏付けようとしているのか、”うそ”を更に作り込もうとしているのか、あやうく存在している場所を写した写真がまた良い。こっそり絶賛。

|

« 新春大歌舞伎 | トップページ | 『心のなかの冷たい何か』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/8101541

この記事へのトラックバック一覧です: 『十字路のあるところ』:

« 新春大歌舞伎 | トップページ | 『心のなかの冷たい何か』 »