« 『明日の王様(5)(6)』 | トップページ | 斧琴菊 »

2006年1月22日 (日)

『狂桜記』

本日は横浜も雪。結構積もってた。一歩もお外に出てないのでわからんが。そんな一日、栗本薫の『狂桜記 大正浪漫伝説』(角川文庫)を読む。いずれ没落するしかないでしょう的な地方の素封家一族が暮らす桜屋敷で、次々と起こる悲惨な事件。著者が大好きな大正時代を舞台にしたゴシック浪漫てことですが、なんともやりきれん展開は正直きつかった。大正浪漫は嫌いじゃないのに、この読書に費やした一日を棒に振った感が濃厚です。唯一、虫干しの場面の着物の描写が美しかったのう。

|

« 『明日の王様(5)(6)』 | トップページ | 斧琴菊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/8272555

この記事へのトラックバック一覧です: 『狂桜記』:

« 『明日の王様(5)(6)』 | トップページ | 斧琴菊 »