« 『小さな食京都案内』 | トップページ | 『グレイヴディッガー』 »

2006年1月 3日 (火)

『小美代姐さん花乱万丈』

群ようこさんの『小美代姐さん花乱万丈』(集英社文庫)を読む。群さんの三味線の師匠をモデルにした、浅草売れっ子芸者半生記。自ら選んで芸者の道に入ったのが14歳、厳しい修行や男絡みの苦労、東京大空襲等々確かに波乱万丈!でもどんな時だって前向きでからっと明るい小美代姐さんに男女問わず惚れるね。何気に大変そうな話であっても、淡々とした描きっぷりがかえって良い感じ。SAYURI、Oka-chang、小美代姐さん...芸者さんには興味津々です。

|

« 『小さな食京都案内』 | トップページ | 『グレイヴディッガー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/7988070

この記事へのトラックバック一覧です: 『小美代姐さん花乱万丈』:

« 『小さな食京都案内』 | トップページ | 『グレイヴディッガー』 »