« おすすめ文庫王国の住人 | トップページ | 『京都スーベニィル手帖 夏・秋』 »

2005年12月18日 (日)

『深川黄表紙掛取り帖』

山本一力の『深川黄表紙掛取り帖』(講談社文庫)を読む。時は元禄、江戸深川。定斎屋の蔵秀、男装の絵師・雅乃、絵草子本作家を目指す文師の辰次郎、飾り行灯師の宗佑の四人が、知恵を出し合い力を合わせ様々な厄介ごとを解決していく痛快時代小説。スケールの大きいコン・ゲームぶりも楽しいけれど、沖仲士や鳶や大工の皆さんが揃って活躍する場面なんかにぞくぞくするヨコシマなおさるであった。菊五郎劇団の立ち回りっぽくて、すこぶるかっちょいいよん。

|

« おすすめ文庫王国の住人 | トップページ | 『京都スーベニィル手帖 夏・秋』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『深川黄表紙掛取り帖』:

« おすすめ文庫王国の住人 | トップページ | 『京都スーベニィル手帖 夏・秋』 »