« ご褒美過多 | トップページ | 『水曜の朝、午前三時』 »

2005年12月12日 (月)

『変身』

東野圭吾の『変身』(講談社文庫)を読む。玉木宏で映画化されたので、読んでみたくなったもの。しかして玉木宏だけでは弱い、っちゅうことがわかったもの。平凡な青年が突然の事故に襲われ、脳移植手術が施された。手術は成功したものの、やがて青年の身に起こったのは....みたいな話。一気読みだったけど、なんだかな!的な読後感。合わないみたいよ、東野圭吾とは。その溝を埋めようと少しずつ読んではいるものの、今のところ買いは『白夜行』くらいか。今年の”このミス”も東野?....未だその魅力わからず。すまん。

|

« ご褒美過多 | トップページ | 『水曜の朝、午前三時』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/7578531

この記事へのトラックバック一覧です: 『変身』:

« ご褒美過多 | トップページ | 『水曜の朝、午前三時』 »