« 『メランコリー・ベイビー』 | トップページ | 三谷幸喜の『12人の優しい日本人』 »

2005年12月 2日 (金)

『青空感傷ツアー』

柴崎友香の『青空感傷ツアー』(河出文庫)を読む。むのすごい可愛いけど性格に難ありの音生(ねお)と、彼女にひきずられてばかりの芽衣、だらだらとした女子二人旅の模様を描く小説。美人の音生よりも、”あんまり考えずに行動するわりにはあとから文句ばっかり言って、努力は嫌いだけど僻みっぽくて、しかも自分のことを棚に上げて超面食い”とある人に称された芽衣に感情移入するも、それほど乗れず。全体的になんかイラッとくる。しかしこの美人の口から放たれる大阪弁の罵詈雑言だけはとっても気持ちがいいな!胸がすっとするわ。言われるほうにしてみたら256倍へこむと思うけど。

|

« 『メランコリー・ベイビー』 | トップページ | 三谷幸喜の『12人の優しい日本人』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/7423954

この記事へのトラックバック一覧です: 『青空感傷ツアー』:

« 『メランコリー・ベイビー』 | トップページ | 三谷幸喜の『12人の優しい日本人』 »