« 『魔神の遊戯』 | トップページ | 『児雷也豪傑譚話』千穐楽 »

2005年11月26日 (土)

憂国忌

25日は憂国忌、三島由紀夫の命日である。というわけでほぼ20年ぶり!に『春の雪』を読み返しているところ。いやしかしあまりの美文に圧倒されるわー。日本語の美しさに興奮さえ覚えるわー。最近、あの映画のせいで一番好きな三島作品に『春の雪』を挙げるのがちょっと恥かしかったんだけど、やっぱし堂々と言っていいな。映画では単なる鼻持ちならんイヤな男としか思えない松枝清顕ですが、それは清様の表面でしかなくってよ。あのわけわからん行動の裏には、これほどまでに細かく複雑な美意識や心の動きや色んな背景があったのネ。と今更ながら深く納得してしまうのであった。そういえば書生の飯沼が出てなかったなー、とこれまた今更気付いたよ。

|

« 『魔神の遊戯』 | トップページ | 『児雷也豪傑譚話』千穐楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憂国忌:

» 邦画「春の雪」にタイの若手俳優が出演 [白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary]
以前からこのブログに書いてきましたが、今週土曜日公開のこの映画に、タイの若手人気俳優が二人出演しています。ひと足お先に試写を見てきました。付き合いもあって、2回も。 春の雪公式サイト (ブログの制作日誌には2人の話も、ちょっと書いてあります。)  ひとりは、アヌチット・サパンポン(「風の前奏曲」・「メコンフルムーンパーティー」  もうひとりは、スイニット・パンジャマワット(「快盗ブラックタイガ�... [続きを読む]

受信: 2005年11月26日 (土) 08時13分

« 『魔神の遊戯』 | トップページ | 『児雷也豪傑譚話』千穐楽 »